区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 防災 > いざというときのために<自助> > 防災マンガ『防サイのイロハ』

更新日:2021年12月3日

ここから本文です。

防災マンガ『防サイのイロハ』

作成の目的

江戸川区では誰一人取り残さない防災を目指して、日々災害対策業務に取り組んでおります。

現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、町会や自治会などにおける防災講演会の実施が困難な状況ではありますが、区民の皆さまにとって少しでも防災を身近に考えてもらえるよう、これからも様々なツールを通じて情報を発信してまいります。

この度、区職員が作成した防災マンガ『防サイのイロハ』の連載を開始しましたので、家族や友人と一緒にご覧いただき、防災を考えるきっかけにしていただければ幸いです。

制作

作者:都市開発部施設課施設第一係 室田里緒

原案:危機管理部防災危機管理課計画係

登場キャラクター

イロハちゃん

防災について勉強中の7歳の女の子

サイボくん

防災ロボット
防災の知識が豊富

ポペット

ペット型災害救助ロボ

パパ博士

イロハちゃんのパパ
サイボくんとポペットを作った

防災マンガ

第6話:早めの避難の大切さNew!

パパ博士
『宿泊費の一部を補助してくれる制度ってどんな内容なんだい?』
サイボくん
『「大規模水害時自主的広域避難補助金」といって広域避難のために区外のホテルや旅館などを利用したときに、江戸川区から出る補助金だよ!』
パパ博士
『どれくらいの宿泊期間が対象になるんだい?』
サイボくん
『広域避難を呼びかける情報が出たときから3泊分が対象になるんだ!3泊した場合は1人9千円の申請が可能だよ!』
パパ博士
『早めの避難をするにしても出費を理由にためらってしまう場合もあるだろうからすごく助かるね』
イロハちゃん
『いつもよりいいホテルに泊まれるかな!』
ポペット
『ワンワン!』

サイボくん
『江戸川区には約70万人が住んでいるし、発災の直前に一斉に避難しようとしても渋滞や計画運休などの影響で逃げ遅れてしまう可能性があるからね』
『自分が早めに避難することは、他の人を助けることにも繋がるんだよ』
パパ博士
『もしかしたら3日前は晴れているかもしれないけど…』
『でも、そこでためらうことなく避難して、命をしっかり守らないとだね』
『期限がある食べ物や飲み物などの保管方法はどうしたらいいんだ・・・』
イロハちゃん
『イロハも頑張って家族や友達を助けるぞ!』
サイボくん
『今回は水害について勉強したけど、防災の勉強に終わりはないんだ!』
『次は地震についても勉強して、防災マスターを目指そう!』

 

注意事項

当作品に掲載されている文章、キャラクター等の無断転載及び無断加工を禁止しております。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは危機管理部防災危機管理課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?