区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 防災 > いざというときのために<自助> > 「土のうステーション(土のう置場)」を増設しました

更新日:2019年2月6日

ここから本文です。

「土のうステーション(土のう置場)」を増設しました

区では、大雨による冠水・浸水などの被害を未然に防ぐために、どなたでも自由に土のうを取り出せる「土のうステーション(土のう置場)」が区内に41箇所あります。
必要な方は、そこから自ら運んで利用してください。
土のうの中身は、砂(重量約5~10キログラム)が入っておりますので、運搬の際には、軍手や汚れてもよい服装で行ってください。また、車両などで運搬する際にも、ブルーシートを用意するなどしてください。
なお、ご自宅に「土のう」を置くスペースがある方は、今後の水害に備えて、軒下などに保管することをお勧めします。
保管するにあたっては、風通しを良くするために、スノコの上に「土のう」を置き、ブルーシートなどに包んでおくと劣化防止になります。
「土のう」は定期的に点検していただき、袋が劣化してしまった場合は、ホームセンター等で購入し交換してください。

土のうステーション設置場所一覧

以下の10か所を平成28年9月に追加しました

以下の1か所を平成29年7月に追加しました

以下の2か所を平成30年7月に追加しました

画像 土のうステーションの外観

画像 土のうがおさめられている様子

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは土木部保全課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。