区民向け情報

閉じる

更新日:2021年7月6日

ここから本文です。

風水害に備えて

もしもの時に、自分の身は自分で守れるよう、区民のみなさん一人一人が危機意識を持つことが大切です。

特に注意が必要な気象

  • 台風(7月から10月)
  • 秋雨前線(夏から秋)
  • 高潮

河川の近く・地下は特に注意が必要です。

江戸川区水害ハザードマップを活用しましょう

自宅の位置・危険な場所を確認し、日頃から備えましょう。

江戸川区水害ハザードマップ

情報を集める

家族会議を行う

  • 家族の避難計画を作成する。
  • 家族の役割分担を確認する。
  • 避難先をあらかじめ決めておく。

非常持ち出し品を準備する

  • 食料品…飲料水・缶詰・インスタント食品・粉ミルクほか
  • 衣類など…着替え・軍手・帽子・毛布・オムツ・タオルほか
  • 救急セット…消毒薬・傷薬・脱脂綿・マスク・包帯・ばんそうこう・常備薬・衛生用品ほか
  • そのほか…現金・預金通帳・保険証・印鑑・ラジオ(FM付き)・懐中電灯・ライター・ビニール袋・ナイフほか

我が家の安全点検を行う

  • 窓やガラス面に飛散防止フィルムを貼る。
  • 雨戸やカーテンを閉める。
  • 強風で飛ばされそうなものを適切に管理する。(植木、自転車、不要な看板やアンテナ等の飛来物など)

水・食料を備蓄する

避難先へ避難するときは、できるだけ生活に必要な物資は持参するようにしましょう。

やむを得ず垂直避難する場合は最低2週間分の備蓄をするよう心掛けましょう。

ローリングストック法

  • いつも買う量の2倍の缶詰・インスタント食品などを購入し、ストックする。
  • 半分の量を使ったら、使った分と同じ量を購入し、補充する。
  • 古いものから順に使っていき、食料を循環させることで、市販の食料で備蓄ができます。

自主防災組織を強化する

自主防災組織は、町会・自治会を中心に組織されています。各地域で実施している防災訓練などを通して、みなさんが互いに連携・協力できる態勢を強化しましょう。

災害要援護者(災害弱者)に配慮する

体の不自由な人や熟年者・乳幼児など、一人では避難の困難な人がいます。普段から災害時に支援が必要な人がどこにいるのかを把握し、地域ぐるみで助け合える態勢を決めておきましょう。

人材・物資・用具を把握する

救助に役立つ技能を持った人や用具をあらかじめ把握し、必要に応じて協力を求められるようにしましょう。

  • 医師・看護士⇒救命・救護
  • 薬局・薬店⇒救護
  • 建設会社・工務店・大工⇒シャベル・はしご・建設用具 ほか

地下室・地下階、こんなところも危険です

浸水すると・・・

  • エレベーターは使用不可
  • 水圧でドアが開かない
  • 階段を上がることが困難

やむなく浸水してから避難する場合

  • 浸水しているところに注意し、杖などで足元を確認しながら歩きましょう。
  • 万が一、逃げ遅れた時は近くの高くて丈夫な建物で身を守りましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは危機管理部防災危機管理課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?