区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 7月 > 2021年(令和3年)7月2日 全図書館同時開催企画展「チュニジア共和国とパラリンピックを応援しよう!」開催中

更新日:2021年7月2日

ここから本文です。

2021年(令和3年)7月2日 全図書館同時開催企画展「チュニジア共和国とパラリンピックを応援しよう!」開催中

”チュニジア大使館の一等書記官が区立中央図書館を訪問”

チュニジア共和国パラリンピック委員会と、東京2020パラリンピック競技大会における同国代表選手の事前キャンプに関する覚書を締結した江戸川区。パラリンピックの開催を前に、区立図書館では6月29日(火曜日)からチュニジア共和国を紹介する企画展「チュニジア共和国とパラリンピックを応援しよう!」を同国大使館協力のもと、全館同時開催しています。本日(2日)11時30分からは、モハメド・トュカブリチュニジア共和国大使館一等書記官が区立中央図書館(中央3丁目)を訪問しました。

企画展を見学するモハメド・トュカブリ一等書記官チュニジア共和国は、アフリカ大陸の最北端シシリー海峡をはさんでイタリア共和国の対岸に位置する国。同国は、パラ陸上に長けている代表選手の特徴を踏まえて、令和元年7月16日に、陸上競技施設を有する本区と「チュニジア共和国代表選手の東京パラリンピック競技大会事前キャンプに関する覚書」を締結しました。なお、事前キャンプのスケジュールなどについては、現在のところ未定となっています。

企画展は、新型コロナウイルスの影響により、海外選手との交流事業などが中止となる中、同国を身近に感じ、障害者スポーツへの関心を高めてもらおうと、区内12の全図書館で実施しています。各館では、チュニジア共和国大使館から借用した同国の歴史・文化を紹介する大型パネルや観光名所の写真を展示。あわせて図書館員が選書した同国を紹介する書籍などを並べて貸し出しています。また、来館者にチュニジア共和国パラリンピック選手への応援メッセージの記入を呼びかけており、後日大使館に届ける予定です。

本日(2日)、中央図書館では、スース旧市街やサハラ砂漠などの観光名所の写真を利用者が多い1階から2階に上がる階段の壁面に掲示。同国の関係年表や世界遺産などを紹介した大型パネルや同国に関係の深い「イスラム教」や「ローマ帝国」などに関する書籍を2階閲覧席に並べていました。11時30分頃、同館を訪問したトュカブリ一等書記官は、「企画展を通して、区民の皆さんにチュニジアのことを知ってもらいたいです」と話しました。

なお、同企画展は休館日を除き、8月22日(日曜日)まで各館で開催しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?