区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 7月 > 2021年(令和3年)7月15日 荒川沿川の7区長による国土交通大臣への要望

更新日:2021年7月15日

ここから本文です。

2021年(令和3年)7月15日 荒川沿川の7区長による国土交通大臣への要望書提出

本日(15日)、赤羽一嘉国土交通大臣に以下の2点の要望書を提出しました。

1.京成本線荒川橋梁架替事業推進の要望書

京成本線荒川橋梁付近の堤防は、周辺の堤防と比べて低くなっており、必要な高さまでかさ上げするためには橋梁架替の早期実現が急務となっています。現在架替事業に着手しているが、完成までには一定の年数がかかるため、予算と人員を確保し事業を確実に進めるとともに、さらなる区との連携や地域の水防活動の取り組みへの支援への引き続きの協力を、江東5区連名で赤羽国交大臣に要望しました。(葛飾区、墨田区、江東区、足立区、江戸川区)

経緯

  • 平成16年 国が京成本線荒川橋梁架替事業計画を発表
  • 令和2年1月 江東5区長による国土交通大臣への要望書提出(1回目)
  • 令和2年8月28日 江東5区長による国土交通大臣への要望書提出(2回目)

事業概要

  • 場所 東京都葛飾区、足立区
  • 橋梁架替事業に要する総費用 約333億円
  • 事業期間 平成16年度~
  • 事業内容 京成本線荒川橋梁架替


写真は、左から斉藤猛江戸川区長、近藤やよい足立区長、赤羽一嘉国土交通大臣、青木克德葛飾区長、山崎孝明江東区長、山本亨墨田区長

2.荒川第二・三調節池他整備等治水事業に関する要望書

荒川は、政治・経済の中枢機能が集中する首都圏を貫流する我が国屈指の重要な河川です。荒川下流部における安全で豊かな潤いのある地域の実現のため、荒川第二・三調節池の整備等、治水事業に関する早期実現を荒川沿川の7区連名で赤羽国交大臣に要請しました。なお、要請は平成29年度から行っており、今年度で5回目となります。
(墨田区、江東区、北区、板橋区、葛飾区、足立区、江戸川区)


写真は、左から北区(課長)、斉藤猛江戸川区長、近藤やよい足立区長、赤羽一嘉国土交通大臣、青木克德葛飾区長、山崎孝明江東区長、山本亨墨田区長、板橋区(係長)

事業概要

  • 場所 埼玉県さいたま市、川越市、上尾市
  • 全体事業費 約1,670億円
  • 事業期間 平成30年度~令和12年度
  • 事業内容 荒川第二・第三調節池の整備
    面積 約760ha(第二:約460ha、第三:約300ha)
    治水容量 約5,100万立方メートル(第二:約3,800万立方メートル、第三:約1,300万立方メートル)
  • 事業効果 荒川下流域の水位を最大約80センチ低減

3.今後について

荒川の治水事業に関する早期実現のために、今後も荒川沿川の7区で連携し取り組んでまいります。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?