区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 衛生 > 食品衛生 > お知らせ > それでもあなたは食べますか!?~生肉と食中毒の話~

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

それでもあなたは食べますか!?~生肉と食中毒の話~

「江戸川保健所では、東京都・特別区と共同して、食肉の生食による食中毒を防止するために、営業者の指導・消費者の啓発など全力で取り組んでいます。」

昨年の都内食中毒発生件数の原因トップ4は、以下の通りです。

  • 1位ノロウイルス
  • 2位カンピロバクター
  • 3位腸管出血性大腸菌
  • 4位サルモネラ

2位から4位での食中毒は、肉を生あるいは生に近い加熱不十分な状態で食べることにより起こることが多いのです。

さらに平成23年4月に、富山県等で発生した腸管出血性大腸菌による食中毒事件では、飲食店で肉を生で食べた小児等、複数名が死亡し、多くの重症者が確認されています。

肉の生食は危険性が高いことを知ってください。

消費者に向けた肉の生食についてのチラシを作成しました

「肉の生食は危険です」(PDF:207KB)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部生活衛生課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。