区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2024年(令和6年) > 2月 > 2024年(令和6年)2月1日 「結婚パスポート」 本日から申請開始

更新日:2024年2月1日

ここから本文です。

2024年(令和6年)2月1日 「結婚パスポート」 本日から申請開始

新たな門出を祝福するとともに区の魅力を発信

チラシ2月2日の「夫婦の日」を前に、江戸川区は本日(1日)から、結婚した夫婦などを対象に、区公共施設や区内公衆浴場など70か所以上の施設を無料または割引料金で利用できる「結婚パスポート」の申請受付を開始しました。区内在住のカップルを祝福するとともに、区の魅力を知ってもらい、定住促進を図ります。

区は今年度から、結婚や出産、子育てを希望する方がその望みを叶えることができるよう、区独自の子育て支援策を拡充し、子育てをトータルでサポートする「えどがわ50の子育てプラン」を展開。区立小・中学校などでの給食費無償化や病児・病後児保育の無償化など、一人一人のライフステージに合わせた様々な施策を実施しています。この施策の一つとして、「結婚パスポート」の事業を開始します。

「結婚パスポート」は、令和6年1月1日以降に、婚姻届を提出した夫婦や同一世帯で内縁関係にあるカップル、同性パートナーシップに関する証明書等の交付を受けた方で、区内在住かつ婚姻1年以内の方が対象。パスポートと優遇利用券を施設の窓口で提示・提出することで、区公共施設や公衆浴場などの対象施設70か所以上で利用料が無料または割引される事業です。優遇利用券には、ホテルシーサイド江戸川(臨海町6)をはじめ、友好都市の長野県安曇野市にある穂高荘や新潟県南魚沼市にある塩沢江戸川荘の宿泊費補助券、アイススケート場やカヌー場の利用券、区内公衆浴場27か所の入浴券など、2人で2万円相当の利用券がつづられています。申請はWEBもしくは郵送で受付し、パスポートと優遇利用券は後日自宅に送付します。

産業経済部産業経済課の木村浩之(きむらひろゆき)課長は、「江戸川区には魅力ある施設がたくさんあります。結婚パスポートの利用を通じて江戸川区の良さを実感していただき、長く住み続けていただきたい。多くのカップルの皆様の申請をお待ちしております」と話しています。

チラシを区役所本庁舎・各事務所にある戸籍届出・住民異動窓口に配置するほか、区広報誌や特設サイトを活用し、事業の周知を図ります。また、「江戸川区結婚パスポートコールセンター」を設置し、申請や利用の支援を行っていきます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?