区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 11月 > 2022年(令和4年)11月29日 区内園芸農家で「ポインセチア」が出荷開始

更新日:2022年11月29日

ここから本文です。

2022年(令和4年)11月29日 区内園芸農家で「ポインセチア」が出荷開始

季節を鮮やかに彩るクリスマスフラワー

区内で花卉園芸を営む中乃園(代表:石井淳一/いしいじゅんいち/57歳/鹿骨5丁目)では、クリスマスを鮮やかに彩る「ポインセチア」の出荷作業に追われています。

同園のビニールハウスに並べられたポインセチアポインセチアは、メキシコ原産のトウダイグサ科の常緑性低木。別名「猩々木(しょうじょうぼく)」とも言われ、花軸と苞(ほう)が杯状になりその内部に花を持つ「杯状花序(はいじょうかじょ)」と呼ばれるトウダイグサ特有の花を形成し、熱帯地域などでは高さは3~5mまで成長します。短日植物で着色期が12月にあたり、花の周りの赤い苞葉(ほうよう)と濃い緑色の葉のコントラストが美しく、「クリスマスフラワー」として知られています。

江戸川区産の花卉は、その多くが首都圏を中心に出荷。産地と消費地が近いことから痛みが少なく、その品質は例年高い評価を得ています。同園では、夏のあさがお栽培が終わる7月下旬からポインセチアの栽培を開始。まずはじめに、吸水スポンジに挿し木され、発根したものを鉢上げ。より多くの枝を育てるため、2週間~3週間後には一度枝を切り、分岐させます。以降、3か月~4か月間にわたって、ビニールハウス内で室温などを細かく管理。夏の暑い時期は日除けをし、寒くなってきたら暖房を入れてハウス内の温度を20度に保ったりするなど、水やりをしながら、植物にストレスを与えないように管理を徹底しています。昨年から、2009年に発表されたポインセチアの新しい品種「プリンセチア」の栽培を開始。プリンセチアは、ポインセチアより早い5月頃から生産しており、もうすでに色づいたポインセチアとは異なり、これから色づきます。

同園では、やや暗めの赤色で花苞が上向きに展開する「ジェスターレッド」の鉢を400鉢、「ジェスターレッド」と純粋無垢な白が美しい「フローズン」の切り花を合わせて1000鉢分を生産しています。また、プリンセチアは、情熱的なローズレッドで八重咲きの花のような「オペラ」など4種類360鉢分を切り花用に生産します。

本日(29日)、石井さんは、切り花用のポインセチアを一本一本丁寧に切り取るなど、出荷に向けた最終準備をしていました。石井さんは「ポインセチアは、温度管理が一番大切。20度くらいの室内に置くことと、鉢のものは陽当りの良い場所で、切り花は日陰で育ててもらえれば、長く楽しめると思います。冬に色づくクリスマスローズをぜひご自宅などで楽しんでほしいです」と話しています。

数本ずつにラッピングされた切り花は大田花き市場に出荷され、主に都内の花屋で売り出されます。出荷作業は週に3回行い、12月半ばまで続きます。また、鉢は12月初旬までに同市場や花屋に出荷される見込みです。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?