区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 11月 > 2022年(令和4年)11月8日 東京大学大学院システムズ薬理学/ERATO上田生体時間プロジェクトによる睡眠実態調査「子ども睡眠健診」を区立小中学校で開始

更新日:2022年11月8日

ここから本文です。

2022年(令和4年)11月8日 東京大学大学院システムズ薬理学/ERATO上田生体時間プロジェクトによる睡眠実態調査「子ども睡眠健診」を区立小中学校で開始

小学生を対象とする健診は全国初

江戸川区は、児童・生徒の睡眠の実態を調査する「東京大学大学院システムズ薬理学/ERATO上田生体時間プロジェクト」が実施する「子ども睡眠健診プロジェクト」に協力します。調査には、区立小・中学校11校が参加。腕時計型の加速度計(ウェアラブルデバイス)を着用し、入眠時刻や起床時刻、睡眠時間幅などを調査します。

「東京大学大学院システムズ薬理学/ERATO上田生体時間プロジェクト」が実施する「子ども睡眠健診プロジェクト」。加速度(腕の動き)、照度(光の強さ)、周囲の温度を記録することができる腕時計型の加速度計(ウェアラブルデバイス)を着用し、子どもの睡眠の状態を調べます。測定したデータは、独自に開発した最先端のアルゴリズム(ACCEL)で解析します。10月から全国の小中高生を対象に、ひと月当たり最大1000人を目標にした睡眠測定を行っています。

区は、東京大学大学院医学系研究科の上田泰己(うえだひろき)教授の依頼を受けて調査に協力。区内の小・中学校11校3552名(小学校7校/2081名、中学校4校/1471名)の児童・生徒が参加予定です。参加者は7日間、加速度計を装着して普段通りの生活を送り(入浴時は外す)、起床や就寝時間などを記録する睡眠日誌を作成します。健診で測定されたデータは東京大学で解析され、参加者ごとに睡眠状況が記載された測定結果が返却されます。学校単位や区全体のデータも解析され、今後生活リズムの指導などで活用される予定です。

区教育委員会学務課の大關一彦課長は、「子どもの睡眠不足は、成長の遅れや集中力の低下につながります。健診を実施することで、児童・生徒の健康増進につなげていきたい」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?