区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 11月 > 2022年(令和4年)11月18日 区立松江第四中学校石井思初さんが「第8回世界ジュニア武術選手権大会」出場を区長に報告

更新日:2022年11月18日

ここから本文です。

2022年(令和4年)11月18日 区立松江第四中学校石井思初さんが「第8回世界ジュニア武術選手権大会」出場を区長に報告

初挑戦の世界大会で金メダルを目指す

12月にインドネシア共和国で開催される「第8回世界ジュニア武術選手権大会」の日本代表選手に選出された「区立松江第四中学校(西一之江1丁目)」の石井思初(いしいおうぶ/14歳/中学2年生)さんが、17日(木曜日)江戸川区役所に来庁し、斉藤猛(さいとうたけし)江戸川区長に大会の出場を報告し、健闘を誓いました。

「世界ジュニア武術選手権大会」は、ジュニア選手の育成・強化を目的に2006年にマレーシアで初めて開催。ジュニア世界一を決める大会で、2年に1度開催されています。2018年にブラジルで開催された前回大会では、世界42か国・地域から約700名の選手が出場。日本代表は、金メダル4個、銀メダル4個を獲得、出場選手の全員が入賞する好成績を収めました。2020年と2021年の大会は、新型コロナウイルス感染拡大のため大会開催が中止となりました。

「第8回世界ジュニア武術選手権大会」は、12月3日(土曜日)から11日(日曜日)(競技は6日から10日)にインドネシア共和国・タンゲランで開催。日本代表選手団として選出された13歳から18歳までの男女8名が出場します。

石井さんは、幼稚園の時にテレビで世界ジュニア大会のニュースを見て武術太極拳(カンフー)に興味を持ち、小学1年生から競技を開始。自宅から近い「東江戸川武術太極拳クラブ(西小松川町)」に所属し、毎日2時間の練習をこなしています。今年4月に開催された「JOCジュニアオリンピックカップ大会」では、長拳の部で6位入賞。8月に開催された「南関東ジュニア武術太極拳大会」では、長拳総合の部で優勝するなど、多くの大会で優秀な成績を収めています。「第8回世界ジュニア武術選手権大会」へは、8月27日(土曜日)・28日(日曜日)に、区内にある「日本武術太極拳連盟トレーニングセンター(松江1丁目)」で開催された「日本代表選手選考会」を経て出場が決定。長拳・剣術・槍術の3種目に出場します。

17日(木曜日)午後5時、石井さんは、江戸川区武術太極拳連盟の島村和成(しまむらかずしげ)会長、嶋村文男(しまむらふみお)理事長、日本武術太極拳連盟の長江一将(ながえかずまさ)事務局長らとともに江戸川区役所に来庁し、区長に世界大会への出場を報告しました。斉藤区長は「世界大会に出場するのは、並大抵の努力では達成できないこと」と努力を称え、「自分らしく頑張ってほしい。応援しています」と激励しました。面会後、石井さんは「初めての世界大会で緊張するけど、ノーミスで金メダルを獲りたい」と意気込みを話しました。また、「世界一の選手になりたい」と今後の目標を話してくれました。

石井さんは、「日本武術太極拳連盟トレーニングセンター」で11月30日から行われる直前合宿で調整を行い、12月3日(土曜日)にインドネシアへ出発します。

石井思初さんが区長に報告している写真

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?