区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 11月 > 2022年(令和4年)11月2日 区立葛西第二中の大木優奈さんが第37回東日本女子駅伝東京都代表に選出

更新日:2022年11月2日

ここから本文です。

2022年(令和4年)11月2日 区立葛西第二中の大木優奈さんが第37回東日本女子駅伝東京都代表に選出

“初選出!「自分の全力を出して、最後まで襷をつなぎたい」

名だたる選手が出場してきた「第37回東日本女子駅伝」の中学生東京都代表として、「区立葛西第二中学校(宇喜田町)」の大木優奈(おおきゆな/14歳/中学2年生)さんが初めて選出され、13日(日曜日)に福島県で開催される同大会に向け、最終調整しています。

練習中の大木さん東日本女子駅伝は、東日本の女子長距離選手の育成を目的に開催されており、今年で37回目。北海道から静岡県まで東日本エリア18都道県の女性ランナーが出場します。福島市信夫ヶ丘競技場(福島県)を起点に、福島市内の9区間・42.195キロのコースで争われます。9区間のうち、4区と8区が中学生区間に指定されています。

大木さんは、「江戸川区陸上競技場(清新町2)」を拠点に活動する総合型地域スポーツクラブ「一般社団法人 清新JAC(会員数:約240人/代表:畠中康生(はたなかやすお))」に所属。小学1年生の頃から走ることが好きだったことから、小学4年生で入団しました。今年8月の「関東中学校陸上競技大会」では、2年生ながら共通女子800メートルに出場し、6位入賞したほか、同月に行われた「全日本中学校陸上競技選手権大会」にも出場しました。今回、10月2日(日曜日)に世田谷区立総合運動場陸上競技場(世田谷区大蔵4)で実施された東京都代表選手選考会中学女子3000メートルの部で2位の成績を残し、同大会の中学生区間東京都代表として選出されました。

1日(火曜日)18時30分頃、江戸川区陸上競技場では、大木さんが同クラブの練習でチームメイトとトレーニングに励んでいました。約2時間の練習では、同大会を見据え、6kmランで自分のペースを掴む練習などをしていました。畠中監督は、「クラブに入団してからどんどん力を伸ばしてきた。清新JACでは、江戸川区から世界に羽ばたく選手の育成に力を入れているので、未来への一歩として、今大会でチームに貢献し、できることなら金メダルを持って帰ってきてほしい」と話しました。大木さんは、「練習の時から常に1位になる気持ちで走っています。大会では、他県の選手との距離が開いている状況でのレースとなる可能性もあるけれど、追う立場でも追われる立場でも自分の全力を出すことを目標に、最後まで襷をつなぎたい」と意気込みを語りました。

大木さんは、3日(木曜日)と5日(土曜日)の17時からと8日(火曜日)と10日(木曜日)の18時から同競技場で、大会に向けて最後の仕上げをする予定です。

なお、同大会の中学生区間では、東京都代表として大木さんを含めて3名が選ばれており、そのうち2名が出場する予定です。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?