区民向け情報

閉じる

トップページ > スポーツ・文化・観光 > スポーツ(えどすぽ!) > 新着ニュース > 土屋来夢選手が第5回世界身体障害者野球大会に出場しました!

更新日:2023年9月15日

ここから本文です。

土屋来夢選手が第5回世界身体障害者野球大会に出場しました!

令和5年9月9日(土曜日)から10日(日曜日)、名古屋市で開催された「第5回世界身体障害者野球大会」に、区内在住の土屋来夢選手が日本代表で出場しました。

5つの国や地域の代表が、総当たり戦を行い、日本は4戦全勝で優勝。大会連覇、4度目の世界一に輝きました!

打席に立つ土屋来夢選手

練習中の土屋選手 写真提供:白石怜平

土屋 来夢(つちや らいむ)選手 紹介

土屋選手は小学3年から野球を始め、区内の軟式少年野球チームに所属、中学では硬式のクラブチームで活躍しました。しかし高校球児となった高校1年のとき、グラウンド整備中に機械に右手が巻き込まれる事故で、利き手である右手の親指以外の4本の指を失いました。

野球ができなくなって落ち込んでいた土屋選手。そんなときに、父・純一さんがインターネットで調べて、連れて行ったのが身体障害者野球チーム「千葉ドリームスター」の練習でした。様々な障害のある方が楽しそうに野球をしている姿が輝いて見え、興味を惹かれた土屋選手は半年後にチームへ加入。

その後は送球や打撃など、試行錯誤しながらチーム練習・自宅での自主練習を行い、自分が納得できるプレーができるようになるまで1年半かかりました。

現在社会人となった土屋選手は、仕事をしながら、千葉ドリームスターの副キャプテンとして活躍。そして「第5回世界身体障害者野球大会」の日本代表に初選出されました。

土屋来夢選手,紹介 守備につく土屋来夢選手

 

練習中の土屋選手 写真提供:白石怜平

第5回世界身体障害者野球大会について

世界身体障害者野球大会は「もうひとつのワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」と呼ばれており、平成18年にWBCで初代世界一に輝いた日本からの提案で、同年11月に第1回が行われて以降、4年に一度行われています。

新型コロナウイルスの影響による1年延期を経て、令和5年に第5回目が開催。本大会で日本は優勝し、大会連覇、4度目の世界一に輝きました。

大会概要

  • 日程:令和5年9月9日(土曜日)から10日(日曜日)
  • 会場:バンテリンドームナゴヤ(名古屋市東区)
  • 参加国・地域:日本、アメリカ、プエルトリコ、韓国、台湾
  • 試合形式:総当たり戦

身体障害者野球のルール

身体障害者野球は「ルールに障害が合わないのであれば、障害にルールを合わせよう」との発想から特別ルールを考案して、幅広い障害者を受け入れられるようにしています。

使用するボールは健常者と同じ軟式球を使用しますが、独自のルールとして、盗塁禁止・バント禁止・打者代走(下肢障害などで走塁が困難な選手については代走が可能)などがあります。

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?