区民向け情報

閉じる

トップページ > スポーツ・文化・観光 > スポーツ(えどすぽ!) > 新着ニュース > 松本武尊選手がパラリンピック日本代表に選出!

更新日:2021年7月21日

ここから本文です。

松本武尊選手がパラリンピック日本代表に選出!

令和3年7月12日(月曜日)、日本パラリンピック委員会は東京2020パラリンピック競技大会に臨む日本代表選手団の2次発表を行い、陸上競技で江戸川区在住の松本武尊選手が選出されました。本選手は今大会から正式種目になるユニバーサルリレーに出場予定、大舞台に挑む松本選手の活躍を応援しましょう!

松本武尊(まつもと たける)選手 紹介

松本選手は江戸川区の小学校を卒業後、中学、高校では陸上部に所属し、短距離選手として活躍していたところ、高校2年生の夏に突然の病におそわれます。一度は走ることをあきらめましたが、1年後「陸上で自分を変える」という思いから脳性まひのクラス(T36)でパラ陸上競技への挑戦を始めました。その後は100メートル、200メートル、400メートルで日本記録を更新し、現在3種目で日本記録を保持しています。

そして今回、松本選手は東京2020パラリンピック競技大会のユニバーサルリレー日本代表に選出されました。昨年末に行われた日本代表合宿に初めて召集されると、トップ選手が集まるなか圧巻のスピードを披露し、周囲を驚かせました。短距離選手として積み重ねてきた経験を生かし、初めての大舞台に挑む松本選手の活躍に注目です!

松本選手が持つ日本記録

松本選手は陸上競技のT36クラス(脳性まひ)で3つの日本記録を保持しています。

  種目 大会
1 100メートル 2020年 第25回関東パラ陸上競技選手権大会
2 200メートル 2020年 第25回関東パラ陸上競技選手権大会

3

400メートル 2021年 12th Fazza Championships GP 2021

松本武尊選手

写真:アフロ

ユニバーサルリレーとは

視覚障害、立位の切断及び機能障害、脳性まひ、車いすの順番で、男女2名ずつ計4名で走る混合の400メートルリレーです。男女の順番は各国の戦略によって自由なため、どの順番で走るか、という戦略も大事なポイントになります。

バトンではなくタッチで次の走者につなぎます。バトンを渡さなくてはいけない区間として定められているリレーゾーンも、ユニバーサルリレーでは「タッチゾーン」と呼ばれ、一般のリレーでは全て30mですが、ユニバーサルリレーでは車いす走者につなぐ第3走者から第4走者の区間のみ40mになります。走る体勢やスタートダッシュのタイミングなど、条件の違う選手同士のタッチがスムーズに行えるかが勝敗を分けます。

障害や性別の異なる選手が同じチームで走るユニバーサルリレーは、まさに多様性を象徴する種目です。2019年のWPAグランプリパリ大会では日本チームが優勝しており、東京2020パラリンピック競技大会でもメダルの獲得が期待されます。今大会から正式種目となるユニバーサルリレーでは、障害の異なる選手の走りとタッチワークに注目して応援しましょう!

出場予定種目のスケジュール

松本選手が出場を予定しているユニバーサルリレーのスケジュールです。

  出場日程 種目   時間 会場
1 9月3日(金曜日) 4×100メートル ユニバーサルリレー 予選 9時30分から12時55分 オリンピックスタジアム
2 9月3日(金曜日) 4×100メートル ユニバーサルリレー 決勝 19時00分から21時55分 オリンピックスタジアム
3 9月4日(土曜日) 4×100メートル ユニバーサルリレー 表彰式 9時30分から12時40分 オリンピックスタジアム

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?