区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 区長室 > 想い 区長室から > 2021年(令和3年) > 医師会の先生方のご尽力による23区トップの高齢者接種率(9月1日)

更新日:2021年9月1日

ここから本文です。

医師会の先生方のご尽力による23区トップの高齢者接種率(9月1日)

 

 このコラムを書いているのは8月中旬。新型コロナウイルス感染症の拡大が止まりません。都内の感染者数は過去最高を繰り返し、本区でも同様の傾向で新規感染が拡大しています。専門家はこの状況を「災害レベルで感染が猛威を振るう非常事態」と話しています。

写真:ワクチン接種会場

 そんな非常事態を打開するために、区では保健所業務に最大100名の人員を投入し、感染しても自宅で安心して療養できる体制を構築するとともに、希望される方への一日でも早いワクチン接種の実現を目指しています。

 そうした中、先日の新聞で23区の65歳以上へのワクチン接種状況が紹介されていました。本区は88.4%でトップ。この数字は、区医師会の先生方が中心となり、まずは重症化リスクの高い高齢者に丁寧に対応し、接種を行っていただいたおかげで成し得た結果です。今後、若い世代の方への接種もしっかり連携して進めていきます。

防災行政無線の収録を行う中学生

 しかし、感染拡大を抑えるには、やはり一人ひとりが自分ごととして感染対策への意識を高めていただくことも大切です。以前、防災行政無線で流れた小松川第二中学校の生徒による「自分を、まわりの大切な人を守るため感染症対策を徹底しましょう。マスク越しの笑顔を増やしましょう!」というアナウンス。

 あらためて大切にしたい言葉です。

江戸川区長 斉藤猛

 

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?