区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 区長室 > 想い 区長室から > 2021年(令和3年) > 子どもたちへの想いを込めた「ブイロクの木」 V6からの贈りもの(12月1日)

更新日:2021年12月1日

ここから本文です。

子どもたちへの想いを込めた「ブイロクの木」 V6からの贈りもの(12月1日)

 

写真:ブイロクの木

 「江戸川区立なぎさ公園」。11月1日、この名が新聞やテレビ、インターネットで紹介され一躍全国に知れ渡りました。その日、26年の活動に幕を下ろしたV6の皆さんが、「ブイロクの木」と名付けたオリーブの木をこの公園に寄贈してくださったのです。「ブイロクの木」はネットの注目ワードでトップになり、一日にこの場所を訪れる人が1600人を超えた日もあるなど、全国で大きな話題となっています。

 V6は常に第一線で活躍、ヒット曲は小学校でも歌われ、紅白歌合戦にも何度も出場する、多くの人に愛されているグループです。そんな彼らが“最後に出来ること”としてなぎさ公園へオリーブの木を植樹してくださいました。

 メンバーは本区の自然環境との共生、そして子育て支援やSDGs推進に取り組む姿勢に共感し、全国から江戸川区を選んでくれたのです。これまでの区民の皆さんの取り組みが評価されたようで、大変うれしいことでありました。

 区内で一番標高の高い場所に立つオリーブの木。未来のある子どもたちに、笑顔で仲間と力を合わせ、負けない心を持ってほしいというメンバーの想いが込められています。花言葉は「平和」。この木が人々の平和の象徴として愛され、多くの笑顔の輪が広がるよう、大切に守っていきたいと思います。

江戸川区長 斉藤猛

 

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?