区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 5月 > 2022年(令和4年)5月13日 新型コロナワクチン4回目接種券3回目接種した18歳以上に発送

更新日:2022年5月13日

ここから本文です。

2022年(令和4年)5月13日 新型コロナワクチン4回目接種券3回目接種した18歳以上に発送

江戸川区は、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、必要としている方が確実に接種を受けてもらえるように、3回目の接種を終えた18歳以上の全ての区民に順次接種券を発送することとしました。接種の対象範囲などを周知するため、接種券にわかりやすい案内文を同封するほか、臨時のチラシを作成し、16日(月曜日)から全戸配布します。

今回、4回目の接種券を送付するのは、60歳以上の区民が約15万人。18歳から59歳は約20万人です。3回目の接種から5カ月を経過した18歳以上の区民全員に、接種可能月にあわせて5月下旬から順次、接種券を発送します。

4回目接種は60歳以上のほか、18歳から59歳は基礎疾患のある方や医師が重症化のリスクが高いと認める方が接種の対象となっています。区では、3回目の接種を終えた18歳以上の方全てに配る接種券に、現時点で4回目接種の対象になっている方と、対象になっていない方とが明確に分かるような案内文を同封した上で発送します。また、臨時の広報紙を全戸配布して、接種の対象範囲などを十分に周知します。

区では、約250カ所の医療機関で個別接種と、最大17カ所の区民施設で集団接種を実施。グリーンパレス(松島1丁目/ファイザー社製)、清新コミュニティ会館(清新町1丁目/モデルナ社製)、船堀コミュニティ会館(船堀1丁目/モデルナ社製)、篠崎文化プラザ(篠崎町7丁目/モデルナ社製)の集団接種会場では、5月下旬から開始します。

なお、60歳以上のうち、3回目を集団接種会場で接種した方は、事前に区が会場と日時を指定して接種券を送付。高齢者の予約時の負担軽減を図ります。それ以外と、18歳から59歳の基礎疾患のある方などは予約が必要。個別接種は医療機関で、集団接種は予約サイト、コールセンターで予約を受け付けます。

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種担当課笈川晋一課長は、「重症化を防ぐ目的の4回目接種では、対象となって接種を必要とする方が迅速かつ確実に接種を受けられるように周知に努めていきます」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?