区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税のお知らせ

更新日:2020年6月3日

ここから本文です。

軽自動車税のお知らせ

令和元年10月1日、軽自動車の税が大きく変わりました

自動車取得税が廃止され、「軽自動車税環境性能割」が導入されました。

令和元年10月1日以降に取得した軽自動車に対して適用されます。
税率は新車・中古車を問わず、燃費性能等に応じて決定します。
賦課・徴収は当面の間、都が引き続き行います。

税率は表1・表2を参照してください。

軽自動車税環境性能割の税率

表1
自家用乗用車の車種 令和元年10月1日から令和2年9月30日までに取得 令和2年10月1日以降取得
電気自動車等(注1) 非課税 非課税
令和2年度燃費基準+10%以上達成(注2) 非課税 非課税
令和2年度燃費基準達成車(注2) 非課税 1%
平成27年度燃費基準+10%以上達成(注2) 1% 2%
上記以外の車 1% 2%
表2
自家用貨物車の車種 令和元年10月1日以降取得
電気自動車等(注1) 非課税
令和2年度燃費基準+10%以上達成(注2) 非課税
令和2年度燃費基準達成車(注2) 0.5%
平成27年度燃費基準+10%以上達成(注2) 1%
上記以外の車 2%

(注1)電気自動車等は、電気自動車・天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合または平成21年排出ガスからNOx10%低減車)である。
(注2)電気自動車等を除き、平成30年排出ガス基準50%低減達成車、または平成17年排出ガス基準75%低減達成車に限る。

現行の軽自動車税の名称が「軽自動車税(種別割)」に変わりました。

税制度は現行と変わりません。

詳しくは以下のリンク先をご参照ください。
2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります(総務省)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)。

令和2年度軽自動車税(種別割)の税率

軽自動車税(種別割)は、4月1日現在、軽自動車等を所有している方に課税されます。(税額は1年分です。)

原動機付自転車

車種区分 税率
50CC以下又は定格出力が0.6kw以下のもの 2,000円
50CC超90CC以下又は定格出力が0.6kwを超え0.8kw以下のもの 2,000円
90CC超125CC以下又は定格出力が0.8kwを超え1kw以下のもの 2,400円
三輪以上のもの(ミニカーなど)(注)

3,700円

(注)総排気量が20ccを超え50cc以下または定格出力が0.25kwを超え0.6kw以下のもので、(1)輪距が0.5m超で三輪以上の車(2)輪距が0.5m以下で車室を有する四輪以上の車(3)輪距が0.5m以下で側面が解放されていない車室を有する三輪の車・いずれかに該当するもの

二輪車

車種区分 税率

二輪の軽自動車(125CC超250CC以下)

3,600円

二輪の小型自動車(250CC超)

6,000円

小型特殊自動車

車種区分 税率
専ら雪上を走行するもの 3,600円
農耕作業用 2,400円
その他のもの 5,900円

四輪以上の軽自動車

車種区分 旧税率 (1)標準税率 (2)重課税率
自家用乗用車 7,200円 10,800円 12,900円
営業用乗用車 5,500円 6,900円 8,200円
自家用貨物車 4,000円 5,000円 6,000円
営業用貨物車 3,000円 3,800円 4,500円

三輪の軽自動車

車種区分 旧税率 (1)標準税率 (2)重課税率
三輪 3,100円 3,900円 4,600円
  • 平成27年4月1日以降に最初の車両番号の指定を受けた車両から(1)標準税率が適用されます。
  • 平成27年3月31日以前に最初の車両番号の指定を受けた車両については(1)標準税率は適用されず、旧税率のままとなります。
  • 最初の車両番号の指定を受けたときから13年経過した車両については(2)重課税率が適用となります。なお、令和2年度に重課税率の適用となるのは平成19年3月以前に最初の車両番号の指定を受けた車両です。

グリーン化特例(軽課税率)の延長(令和2年度・令和3年度)

平成31年4月1日から令和2年3月31日までに最初の車両番号の指定を受けた一定の環境性能を有する車両は令和2年度、令和2年4月1日から令和3年3月31日までに最初の車両番号の指定を受けた一定の環境性能を有する車両は令和3年度に限り軽課税率が適用されます。

グリーン化特例(軽課税率)の適用(四輪以上の軽自動車)

車種区分

(ア)税率(75%軽減)

(イ)税率(50%軽減)

(ウ)税率(25%軽減)

自家用乗用車 2,700円 5,400円 8,100円
営業用乗用車 1,800円 3,500円 5,200円
自家用貨物車 1,300円 2,500円 3,800円
営業用貨物車 1,000円 1,900円 2,900円

グリーン化特例(軽減税率)の適用(三輪の軽自動車)

車種区分

(ア)税率(75%軽減)

(イ)税率(50%軽減)

(ウ)税率(25%軽減)

三輪 1,000円 2,000円 3,000円
  • (ア)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス10%低減達成)
  • (イ)乗用・令和2年度燃費基準+30%達成車
    貨物・平成27年度燃費基準+35%達成車
  • (ウ)乗用・令和2年度燃費基準達成車+10%達成車
    貨物・平成27年度燃費基準+15%達成車
  • (イ)及び(ウ)については、平成17年排出ガス基準75%低減達成かつ揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。

原動機付自転車・オートバイ・軽自動車・フォークリフトなどの廃車手続きはお済みですか?

軽自動車税は、毎年4月1日現在の車両所有者に1年分課税されます。
盗難などで紛失した場合や、車両を処分したのに登録したままになっている場合は、お早めに廃車手続きを済ませてください。また、届け出せずに譲渡した場合は、名義変更の手続きを行ってください。
手続きを行わないと、所有していないのに課税されたり、交通事故や犯罪等で不利益をこうむることにもなります。

廃車手続き問い合わせ先一覧

ナンバーの種類 車両の種類 手続きする場所 手続きに必要なもの
江戸川区
ナンバー
125cc以下の
原動機付自転車/フォークリフトなど
区役所区民課または各事務所庶務係
  1. ナンバープレー
  2. 標識交付証明書
  3. 印鑑(朱肉を使うもの)
  4. 本人確認ができるもの(運転免許証など)
足立
ナンバー
125cc超えのオートバイ 足立自動車検査登録事務所(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
足立区南花畑五丁目12番1号
電話:050-5540-2031
  1. ナンバープレート
  2. 自動車検査証、軽自動車届出済証
  3. 印鑑など

詳細は左記へご確認ください。

660cc以下の軽四(三)輪自動車 軽自動車検査協会足立支所(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
足立区宮城一丁目24番20号
電話:050-3816-3102

江戸川区ナンバーの廃車時にナンバープレートがない場合は、弁償金200円を納めていただきます。(警察に盗難届を出していて受理番号がわかる場合を除く。)

使用していなくても、車両を所有している限りは登録が必要です。

令和2年度軽自動車税(種別割)の減免申請期間は、令和2年6月1日(月曜日)で終了しました。

減免の対象や、申請に必要な書類については、減免制度をご覧ください。

問い合わせ

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは総務部課税課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?