区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 9月 > 2022年(令和4年)9月20日 「えどスピトレーニング」本日(20日)配信開始

更新日:2022年9月20日

ここから本文です。

2022年(令和4年)9月20日 「えどスピトレーニング」本日(20日)配信開始

江戸川区×クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 筋トレ動画で健康に!

江戸川区は、「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」の協力を得て、筋力トレーニングの方法などを紹介する動画をYouTube公式チャンネル「えどがわ区民ニュース」で本日(20日)から公開しました。クボタスピアーズの選手3人が実演しており、自宅で手軽にできる内容になっています。

「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」は、NTTジャパンラグビーリーグワンに所属するチーム。2021年10月、区陸上競技場(清新町2丁目)をホストスタジアムの一つとする江戸川区とSDGs推進連携協定を締結し、健康と福祉に関することなどについて相互に連携して取り組みを進めています。

2021年6月に区内在住の20歳から64歳の男女3,000人を対象に行った「江戸川区食育に関するアンケート調査」(回答数:1,076人)では、「運動をほとんど行わない」と回答した人が49.7%で、定期的に運動を行わない区民が約半数を占めていることがわかりました。区では、民間のスポーツクラブの協力のもと、スポーツジムやフィットネスの無料体験などによる区民への運動機会を提供し、若い世代の健康づくりを推進しています。

今回の動画は、60歳から急増する生活習慣病予防のため、若いうちから1回30分週2日以上の運動習慣を身につけ、有酸素運動に加えて筋力トレーニングを取り入れてもらうことが目的。「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」で活躍する選手が出演し、筋力トレーニングの重要性を伝えています。オトジョシュア輝恵(てるよし)選手と押川敦治(おしかわあつし)選手が実演する「セルフ体力チェック」では、自分の筋力の弱い部分を知ることができ、より効果的な筋トレを行うことができます。また、「動的ストレッチング」では、クボタスピアーズが普段行っている「背筋を伸ばすストレッチ」や全身を効果的にほぐせる「グレイテストストレッチ」など7つのストレッチを紹介。ストレッチは、肩こりや腰痛の軽減にも効果があることを解説しています。玉置将也(たまきまさや)選手が実演する「筋力トレーニング」では、初心者でも取り組める内容のレベル1と筋トレに慣れている人向けのレベル2の2パターンを用意しました。レベル1と2それぞれ強化する部位ごとに3つのトレーニングとクボタスピアーズおすすめのメニュー合わせて4つの筋トレを紹介。ラグビー選手と一緒に自分のレベルに合わせた筋トレに取り組めます。このほか「えどスピトレーニング 選手とコーチに聞きました ~筋トレの重要性について~」の5部構成となっており、全編にわたって選手やコーチが筋トレのポイントを丁寧に解説しています。

区健康部健康サービス課の菊池佳子課長は、「若い頃から運動習慣を持つことで健康的な生活を送ってもらいたいと筋トレを推奨しています。えどスピトレーニングは、ちょっとした時間でできて、効果が期待できるので、ぜひやってみてください」と話しています。

リンク先

えどスピトレーニング

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?