区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 9月 > 2022年(令和4年)9月27日 アイススケートリンク製氷作業大詰め

更新日:2022年9月27日

ここから本文です。

2022年(令和4年)9月27日 アイススケートリンク製氷作業大詰め

プールからスケートリンクへ衣替え

都内唯一の公営アイススケートリンクをもつ江戸川区スポーツランド(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)(東篠崎1丁目)では、10月1日のスケートリンクオープンを目前に控え、リンクの製氷作業が大詰めを迎えています。

散水作業が続くアイススケートリンクスポーツランドは1982年にオープンした複合スポーツ施設。トレーニングルームやテニスコート、フットサル場などが常設されています。夏期はプール、冬期はアイススケートを楽しむこともできるとあって、区内外から多くの利用者が来場しています。

同施設のアイススケートリンクは、8月までプールとして利用した施設に製氷作業を施したもの。大きさ60メートル×30メートルで、フィギュアやアイスホッケーなどさまざまなスケート競技に対応した本格的なリンクです。例年ピークとなる1月の休日には1日に千人以上が訪れ、シーズンの延べ利用者数は約13万人に上ります。一方、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、昨シーズンは、感染症対策のため、夜間の貸切利用を制限したことなどもあって、来場者数は約92,500人にとどまりました。

今季のリンク整備は今月18日にスタート。2台の冷凍機をフル回転させながらプール下に埋設された約600本ものU字型鉄パイプにマイナス13℃の不凍液を循環させます。プール底がマイナス4~5℃まで下がったところで、散水作業を開始。ろ過した水道水をホースで霧状に撒く作業を繰り返しながら何層にも氷を張り、より丈夫で融けにくいリンクを作ります。氷の厚さが1.5cm程度になったところで白色のメッシュシートをリンク全面に敷きます。次に、赤色や青色の同シートを使ってホッケー用のラインや本区の紋章を入れる作業を実施。同シートをリンク上に慎重に並べたら、その上を如雨露で水をかけると、すぐに凍ってきれいなラインが出来上がります。その後は、オープン前日まで繰り返し散水作業を行い、厚さ7cm程度まで製氷したら完成です。リンク内は外気の温度や湿度の影響を受けやすいため、日によって作業の進捗状況は異なるものの、1日0.7cmほど厚みが増すよう24時間体制で散水作業を続けています。

今季も感染症対策のため、発熱の有無や体調を申告するチェックシートの提出やマスクの着用をお願いした上で、繫忙期には利用時間を2時間までに制限するとともに、貸し出し用のスケート靴やロッカーなどの消毒を随時行っていきます。来場者が安心して楽しめるよう様々な対策を講じることとしています。

10月1日オープン当日は中学生以下の入場料が無料となります。同施設の新井照生(あらいてるお/59歳)館長は「利用しやすい施設運営を心掛け、感染症対策も講じておりますので、安心してお楽しみいただけると思います。本物の氷を体感しにぜひスポーツランドへお越しください」と話しています。

江戸川区スポーツランド アイススケートリンク

  • 開催期間
    2022年10月1日(土曜日)~2023年5月31日(水曜日)
    月曜日・水曜日・金曜日:午前9時~午後6時、火曜日・木曜日:午前9時~午後8時、土曜日・日曜日・祝日:午前10時~午後6時
  • 場所
    江戸川区東篠崎1丁目8番1号/電話:03-3677-1711
  • 利用料金
    入場料 大人:520円、小中学生:210円、幼児(要保護者同伴):無料
    貸靴料 大人:320円、小中学生:210円、幼児:210円
  • その他
    習熟レベルに応じた各種教室(要事前申込/3,280円~ 貸靴料含む)も開催

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?