区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 9月 > 2022年(令和4年)9月29日 第1回羽根田卓也杯カヌー大会 カヌー・スラロームセンターで10月15日開催

更新日:2022年9月29日

ここから本文です。

2022年(令和4年)9月29日 第1回羽根田卓也杯カヌー大会 カヌー・スラロームセンターで10月15日開催

五輪銅メダリストによる直接指導でカヌーを体験

東京2020大会のカヌー・スラローム競技日本代表で、リオ五輪の銅メダリスト羽根田卓也(ミキハウス所属)選手による江戸川区初の冠イベント「第1回江戸川区羽根田卓也杯カヌー大会(主催:羽根田卓也杯実行委員会及び江戸川区)」が10月15日(土曜日)に「カヌー・スラロームセンター(臨海町6丁目)」で開催されます。10月1日(土曜日)と8日(土曜日)に開催される事前練習会には、区内在住の小学4年生から6年生のカヌー初心者50名が参加予定。羽根田選手が子どもたちにカヌーの基礎を直接指導します。

東京2020大会の開催を契機に、江戸川区では「新左近川親水公園(臨海町2丁目)」にカヌー場を整備したり、区内小学校のプールを活用して、児童にカヌーの乗艇方法などを教える「学校カヌー教室」を開催したりするなど、カヌーの振興に力を入れてきました。

東京2020大会を前に、区のカヌー場を練習場所として活用してきた羽根田選手。カヌーの魅力を伝えようと、区立小学校で行われたカヌーの特別授業に講師として参加したほか、昨年11月に区が主催した「第1回江戸川区長杯カヌー・スラローム大会」で、フォアラン(試漕)を行うなど精力的に活動してきました。

本大会は、“東京2020大会のレガシーとして、競技会場となった施設で子どもたちにカヌーの素晴らしさに触れてもらいたい”と、羽根田選手の提案がきっかけで開催が決まりました。事前練習会では羽根田選手が直接指導することもあって、定員の50名を大きく上回る127名の応募がありました。

当日は、「カヌー・スラロームセンター」のウォーミングアップコースを使用し、流水を下りながら、吊るされたゲートを通過する技術とゴールまでのタイムを競います。未経験者等が参加する部門(小学生A)と初心者等が参加する部門(小学生B)の2部門で実施されます。なお、会場には、羽根田選手がリオ五輪で獲得したメダルや大会ユニフォームを展示する予定です。

区の文化共育部スポーツ振興課の高橋博幸課長は、「東京2020大会の競技会場で羽根田選手と一緒に大会を開催することで、区のカヌー振興が更に進むことを期待しています」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?