区民向け情報

閉じる

トップページ > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊婦健診(妊婦健康診査)

更新日:2022年12月1日

ここから本文です。

妊婦健診(妊婦健康診査)

妊婦健診(妊婦健康診査)を受けましょう

妊婦さんの健康と安全なお産のために、定期的な健康診査を受けましょう。
「母と子の保健バッグ」の中の妊婦健康診査受診票により、都内契約医療機関において、妊婦健康診査の14回、超音波検査1回、子宮頸がん検診1回を公費負担で受診できます。
ただし、一定金額を助成するもので、病院・医院での指導内容や検査項目により自己負担額が発生する場合があります。

詳しくは妊婦健康診査受診票冊子の「妊婦健康診査のご案内」をお読みください。

なお、令和4年4月1日以降の多胎妊婦に対する妊婦健康診査費は15回目から19回目も助成の対象です。

妊婦健康診査受診票

妊婦健康診査受診票を使って、都内契約医療機関において妊婦健康診査の1回目から14回目分を公費負担で受けることができます。
なお、妊婦健康診査受診票は妊娠確定後の健康診査で使用できるもので、妊娠しているかどうかを調べるための検査にはご使用できません。

超音波検査受診票

妊娠期間中に受診票を使って公費負担で1回受けることができます。

子宮頸がん検診受診票

妊娠期間中に受診票を使って、公費負担で1回受けることができます。
原則として1回目の妊婦健診で実施します。

東京都外から江戸川区に転入された妊婦の方へ

東京都外発行の妊婦健康診査受診票は使用できません。
お近くの健康サポートセンターで妊婦健康診査受診票を交換してください。

東京都内発行の妊婦健康診査受診票をお持ち方はそのままその受診票を使用できます。

持ち物

  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 母子健康手帳
  • 未使用の妊婦健康診査受診票(転入前の自治体発行のもの)

多胎妊婦に対する妊婦健康診査受診費助成

令和4年4月1日以降の多胎妊娠に伴う妊婦健康診査受診費用の、15回から19回目までの自費で受診した際に要した費用の一部を助成します。
妊婦健康診査のような冊子や、新生児聴覚検査のような受診票はありません。償還払いのみの対応です。
(詳しくは区ホームページ内、多胎妊婦に対する妊婦健康診査費助成についてをご参照ください)

妊婦健康診査受診費助成金交付制度のご案内

  • 里帰り出産などで都外の医療機関で妊婦健診を受診し、妊婦健康診査受診票を使用しなかった方に対して、受診費用の一部を最大14回まで助成します。
  • 助産所での妊婦健診も助成の対象となります。(注:助産所で受診した妊婦健診1回目と超音波検査・子宮頸がん検診の受診は助成の対象とはなりません。)
  • 医療保険適用診療分は助成の対象とはなりません。

対象となる方

受診した日において、江戸川区内に住民登録をしており、里帰り出産などで、妊婦健康診査を都内契約医療機関以外の医療機関または助産所で受診した方。
(注:医療機関・助産所は日本国内に限ります。また、保健指導票を交付されている方は対象になりません。)

助成額

助成額一覧
 

平成30年4月1日
受診分から

令和4年4月1日

受診分から

妊婦健診1回目上限額

10,850円 10,850円
妊婦健診2回目以降上限額 5,070円 5,070円

超音波検査上限額
(注)妊婦健康診査受診票費の助成金と同時に申請してください。

5,300円 5,300円

子宮頸がん検診上限額
(注)原則として1回目の妊婦健診と同時に申請してください。

3,400円 3,400円
多胎妊婦における妊婦健診15回目から19回目まで上限額   5,070円

申請期限

妊婦健康診査を受診した最後の日又は出産の日から1年以内です。

「妊婦健康診査」「超音波検査」「子宮頸がん検診」申請に必要なもの

  • 未使用の妊婦健康診査受診票・超音波検査受診票・子宮頸がん検診受診票
  • 妊婦健診を受診した医療機関及び助産所の発行する領収書・明細書原本(注:医療費控除のための確定申告をする前の領収書をお持ちください。)
  • 親子健康手帳(母子健康手帳)
  • 印鑑(スタンプ印は不可)
  • 普通預金通帳(注:申請者と異なる口座名義に振り込む場合は、委任状(PDF:55KB)(別ウィンドウで開きます)をご記入いただきます。)

申請先

各健康サポートセンター

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。