区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2022年(令和4年) > 8月 > 2022年(令和4年)8月2日 感染急拡大を受け、ワクチン接種勧奨ハガキを区民約12万人に発送開始

更新日:2022年8月2日

ここから本文です。

2022年(令和4年)8月2日 感染急拡大を受け、ワクチン接種勧奨ハガキを区民約12万人に発送開始

ワクチン集団接種の予約枠拡大も

感染急拡大により、1日あたりの新規陽性者が過去最多を更新した江戸川区。感染や感染後の重症化を防ぐとされる新型コロナウイルスワクチンの接種を促進しようと、江戸川区は本日(2日)から、3回目の接種を終えていない区民約12万人に、接種を呼び掛けるハガキを発送します。

区では、新型コロナウイルス感染症対策について、5つの柱「医療体制の充実」、「ワクチン接種の促進」、「検査体制の充実」、「生活支援及び経済支援」、「感染防止対策の呼びかけ」の重点項目に沿って対策を進めています。

8月2日現在の3回目の接種率は、65歳以上が94%と高い割合である一方、20歳代は57%、30歳代は64%となっています。区内の感染者の割合は30歳代までで半数以上を占めていることから、特に若い世代への接種を呼び掛ける必要があります。

こうした中、区では希望する方へのワクチン接種を促進しようと、3回目の接種を終えていない区民約12万人へ接種の勧奨ハガキを発送することとしました。ハガキには、区内で個別接種を実施している約250カ所の医療機関を案内するQRコードやワクチン接種コールセンターの連絡先を記しています。また、区施設で実施している集団接種会場では、比較的予約枠に余裕があることも伝えています。

区では現在、最大17カ所の区施設で集団接種を実施。「グリーンパレス(松島1丁目)」では、予約なしで接種が受けられるほか、「タワーホール船堀(船堀4丁目)」では、武田社ワクチン(ノババックス)の接種を行うなど、希望される方が接種しやすい環境をつくっています。また、8月6日(土曜日)からは一部の集団接種会場で予約枠を拡大。「タワーホール船堀」は、現在の1日200人から最大600人まで定員を増やして、接種を加速化させていきます。

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種担当課 笈川晋一(おいかわ しんいち)課長は、「区内でも感染が急拡大しています。ご自身や周りの大切な方を守るためにも、ワクチンの接種を検討されている方は、早めに予約をしていただきたいと思います」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?