更新日:2019年2月14日

ここから本文です。

架空請求の特徴と対応のポイント

架空請求への対応は「何もしないこと。」「放置しておくこと。」です。
架空請求の特徴をご案内しますので、参考にしてください。

それでも心配だ、という方は、局番なしの188(消費者ホットライン「いやや」)に相談し、助言を受けましょう。

188は、最寄りの消費生活相談窓口につながります。
江戸川区民の方が188をダイヤルすると、

  • 平日は江戸川区消費者センター
  • 土曜日は東京都消費生活総合センター
  • 日曜・祝日は国民生活センター

につながります。

架空請求の特徴と対応のポイント

メールの場合

架空請求では、名宛人※が特定されていない。
※メールアドレスの記載は、名宛人の記載にはあたりません。姓・名および住所の完全表記がなければ名宛人が特定されているとはいえません。

メールを送信する者はメール発信時点では受け手を特定する情報を持っていませんので、連絡をしなければ事件に巻き込まれることはありません。

書面(封書、ハガキ)の場合

書面に、

  1. 債権者の社名・所在地が書かれていない。
  2. 請求内容の具体的な示しが無い。
  3. 請求金額の示しが無い。
  4. 書面の発信者は架空の団体である。

架空請求の書面は何らかのリストをもとに郵送されています。発信者は、受け手を不安に陥れて連絡を入れさせ、金銭詐取することを目論んでいます。
対応のポイントは、決して相手に連絡しないことです。

架空請求ハガキ(例2)架空請求ハガキ(例3)

架空請求ハガキ(例1)

架空請求封筒(例1)架空請求封書(例1)

電話の場合

  1. 実在する国民生活センターや消費者センターなどを思わせる名を名乗る。
  2. 「過去に消費者被害を受けた人に電話している。」
    「あなたの個人情報が業者に登録されているので、削除してあげる。」
    などと言い、関心を持たせる。
  3. 最後は金銭支払いの話になる。

このような電話が架かったら礼儀無用で、すぐに電話を切ることが被害防止のポイントです。

架空請求発信元一覧

江戸川区消費者センターでは、江戸川区民に迷惑や被害を与えた架空請求の発信元を公表しています。→架空請求発信元一覧

「えどがわメールニュース」により詐欺や悪質商法の情報発信をしています

江戸川区内で発生した詐欺や悪質商法の情報をリアルタイムで発信します。(配信は無料)
「えどがわメールニュース」の配信を希望する方

お問い合わせ

このページは生活振興部地域振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

所在地

〒132-0031
東京都江戸川区松島一丁目38番1号
グリーンパレス 1階

消費センター相談受付時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後4時
※ただし土曜日・日曜日・国民の祝休日・
年末年始は除く

連絡先

  • 電話番号

    03-5662-7635

  • 相談専用電話番号

    03-5662-7637

  • ファクス番号

    03-5607-1616

駐車場

有料駐車場(グリーンパレスの駐車場利用 計86台

利用料金     最初の1時間200円、 以降1時間ごとに100円