区民向け情報

閉じる

トップページ > スポーツ・文化・観光 > スポーツ(えどすぽ!) > アスリート情報 > 上村 悠樹(うえむら はるき)さん(スポーツクライミング)

更新日:2021年9月28日

ここから本文です。

上村 悠樹(うえむら はるき)さん(スポーツクライミング)

東京選手権2021リードに挑む上村選手

写真提供:東京都山岳連盟

2004年生まれ。清新町在住。清新第一中学校出身
東京2020大会からオリンピック種目になったスポーツクライミングは、リード・ボルダリング・スピードの3種目があり、身体能力とテクニック・知力や判断力が求められます。

中学生の時から世界大会を経験し、特にリード種目を得意として数々の大会で好成績を残している上村悠樹さんをご紹介します。

選手情報

  • 生年月日:2004年5月16日
  • 身長:174センチ
  • リーチ(両腕を広げた長さ):180センチ
  • 所属:都立上野高等学校
  • 認定:令和3年度東京アスリート認定選手
  • 選手としての特徴:集中力と冷静さが持ち味

東京選手権2021リードに挑むなかチョークバッグに手を入れる上村選手

写真提供:東京都山岳連盟

世界ユース選手権2021で大会初優勝!

2021年8月21日から31日、ロシアで行われたIFSC世界ユース選手権ヴォロネジ2021でリード種目で金メダルを獲得。前回の世界ユース選手権(2019年アルコ大会)は同種目で2位でしたが、今大会は予選を首位通過、準決勝を3位通過とし、決勝でも難しいルートを巧みに攻略して初優勝を飾りました。

世界ユース2021リードで優勝の表彰を受ける上村選手

写真提供:JMSCA

ユース代表歴

  • 2021年8月 IFSC世界ユース選手権ヴォロネジ2021 ユースA男子リード 優勝
  • 2021年8月 IFSC世界ユース選手権ヴォロネジ2021 ユースA男子ボルダリング 9位
  • 2019年12月 クライミング アジアユース選手権バンガロール2019 ユースB男子リード 3位
  • 2019年12月 クライミング アジアユース選手権バンガロール2019 ユースB男子スピード 3位
  • 2019年11月 クライミング アジアユース選手権コンバインド重慶2019 ユースB男子複合 4位
  • 2019年8月 IFSC世界ユース選手権アルコ2019 ユースB男子リード 2位
  • 2019年8月 IFSC世界ユース選手権アルコ2019 ユースB男子ボルダリング 13位
  • 2019年8月 IFSC世界ユース選手権アルコ2019 ユースB男子スピード 30位
  • 2019年8月 IFSC世界ユース選手権アルコ2019 ユースB男子複合 4位

アジアユース2019スピードに挑む上村選手

写真提供:JMSCA

世界ユース2021リード準決勝に挑む上村選手

写真提供:JMSCA

カテゴリーについて

ユースB:14歳または15歳(年度末年齢)
ユースA:16歳または17歳
ジュニア:18歳または19歳

主な国内大会成績

  • 2021年5月 第9回リードユース日本選手権南砺大会 ユースA男子リード 優勝
  • 2021年3月 第1回スピードユース日本選手権 ユースA男子スピード 6位
  • 2021年3月 第1回スピードジャパンカップ 男子スピード 8位
  • 2020年11月 第6回ボルダリングユース日本選手権葛飾大会 ユースA男子ボルダリング 10位
  • 2020年10月 第8回リードユース日本選手権南砺大会 ユースA男子リード 3位
  • 2019年9月 第22回JOCジュニアオリンピックカップ大会 ユースB男子リード 5位
  • 2019年5月 ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2019 ユースB男子ボルダリング 8位
  • 2019年3月 第7回リードユース日本選手権印西大会 ユースB男子リード 5位
  • 2018年11月 第5回関東小中学生選抜クライミング選手権大会 男子ボルダリング 3位
  • 2018年8月 第21回JOCジュニアオリンピックカップ大会 ユースB男子リード 4位
  • 2018年5月 ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2018 ユースB男子ボルダリング 18位
  • 2018年3月 日本ユース選手権リード競技大会 2018 ユースB男子リード 7位
  • 2017年10月 第4回関東小中学生選抜クライミング選手権大会 男子リード 優勝
  • 2017年8月 第20回JOCジュニアオリンピックカップ大会 ユースC男子リード 2位
  • 2017年4月 日本ユース選手権リード競技大会 2017 ユースC男子リード 3位
  • 2016年8月 第19回JOCジュニアオリンピックカップ大会 ユースC男子リード 9位
  • 2016年3月 全日本クライミングユース選手権リード競技大会2016 ユースC男子リード 13位

東京選手権2021ボルダーに挑み体を引き寄せる上村選手

写真提供:東京都山岳連盟

Q&A

スポーツクライミングを始めたきっかけ

幼稚園の時にクライミングジムに連れていってもらい、壁を登ったのが最初で、競技としてクライミングを始めたのは小学校4年生頃からです。とにかく楽しかったです。

スポーツクライミングの魅力

自分自身と向き合うことで日々成長し、壁を登り切った時の達成感が魅力です。

練習や試合で意識していること

その日の体調に合わせていいコンディションで登れるように、ウォーミングアップを大切にしています。

スポーツクライミング以外で好きなスポーツ

水泳

学校での好きな(得意な)教科

地理

江戸川区の好きな(おすすめ)スポット

葛西臨海公園

これからスポーツクライミングをやってみたいと思う方々へひとこと

気軽に始められるスポーツです。安全に気を付けて楽しんでみてください。

江戸川区民へひとこと

まだまだ未熟ですが、もっと強くなるので温かく見守ってください。応援よろしくお願いします。

東京選手権2021ボルダーに挑み手足を大きく伸ばす上村選手

写真提供:東京都山岳連盟

スポーツクライミングとは

  • スピード
    高さ15メートル、95度に前傾した壁にセットされた同一の2本のルートを2人の選手が隣り合わせで登り、速さを競うスプリント種目。
  • ボルダリング
    高さ5メートル以下の壁に設定された複数コースを、いかに少ないトライ数で多くの課題を登り切れるかを競う。最上部のホールドを両手で掴むことができれば、その課題はクリア。制限時間があり、時間内であれば、何度でもトライできる。
  • リード
    高さ12メートル以上の壁に設けられたルートを6分間の制限時間内にどの地点まで登れるかを競う。選手は安全のために、ロープを掛けながら登り、最上部にロープを掛ければクリア。途中で落ちた場合はそこが記録となり、再トライはなし。

リンク

東京都山岳連盟公式ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会公式ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

スポーツTOKYOインフォメーション公式ホームページ(東京アスリート認定制度)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?