区民向け情報

閉じる

トップページ > スポーツ・文化・観光 > スポーツ(えどすぽ!) > アスリート情報 > 関 海哉(せき かいや)さん(男子競泳)

更新日:2021年8月31日

ここから本文です。

関 海哉(せき かいや)さん(男子競泳)

レース直前の関選手写真:Hiroyuki Nakamura

関海哉選手の写真

1999年江戸川区生まれ。
松江第三中学校、日本大学豊山高等学校出身。日本大学在学。

中学生時代、多い時は朝練と放課後合わせて4時間30分の練習をこなす。
そのため休みの日は一日中寝てしまうこともあった。

日頃から心掛けているのは「調子に乗らず、謙虚でいること」。
好きな食べ物はラーメンと焼き肉。

主な戦績

東京2020大会

  • 男子4×100メートルフリーリレー 出場
    7月25日(日曜日)、東京2020大会「競泳男子4×100メートルフリーリレー」に関海哉選手は第4泳者として、中村克選手、塩浦慎理選手、難波暉選手と予選1組に出場。3分14秒44で1組7位。
    全体順位13位で予選突破はできませんでしたが、初めてのオリンピックで力泳する姿は区民に勇気と感動をあたえてくれました。この経験を糧に今後のさらなる飛躍に期待しています!

2021年 第97回日本選手権水泳競技大会

  • 100メートル自由形 3位(400メートルフリーリレー派遣標準記録を突破し、オリンピック代表に内定

東京2020大会の代表選考を兼ねて行われた、第97回日本選手権水泳競技大会(2021年4月3日から10日:東京アクアティクスセンター)で区内出身の関海哉選手が素晴らしい結果を出しました。

7日に行われた100メートル自由形で自己新記録を出して3位となり、さらには4×100メートルフリーリレーの五輪派遣標準記録を突破してこの種目の代表選手に内定。

東京2020大会の競泳日本代表に選出された快挙は、区民にも多くの感動と勇気を与えてくれました。

初出場となるオリンピック。東京2020大会での活躍に向けて、皆さんで応援していきましょう。

メダルを手にする関選手

2020年 第96回日本選手権水泳競技大会

  • 50メートル自由形 5位
  • 100メートル自由形 3位

2020年 第96回日本学生選手権水泳競技大会

  • 100メートル自由形 3位
  • 4×100メートルフリーリレー 準優勝
  • 4×100メートルメドレーリレー 準優勝

2019年 第95回日本学生選手権水泳競技大会

  • 50メートル自由形 4位
  • 100メートル自由形 優勝
  • 4×100メートルフリーリレー 3位
  • 4×200メートルフリーリレー 優勝
  • 4×100メートルメドレーリレー優勝

2019年 第30回ユニバーシアード ナポリ 日本代表

  • 4×100メートルフリーリレー 4位
  • 4×200メートルフリーリレー 6位

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?