区民向け情報

閉じる

更新日:2022年2月14日

ここから本文です。

在宅重症心身障害児(者)等訪問事業

対象

在宅生活をする重症心身障害児(者)および医療的ケア児で、本事業が必要と認められた方

重症心身障害児(者)とは18歳未満で重度の肢体不自由及び、重度の知的障害が重複している状態にあり、現在もその状態にある方です。

医療的ケア児とは、人工呼吸器を装着している障害児、その他日常生活を営むために医療を要する状態にある障害児です。申請時の年齢は18歳未満です。

内容

ご家族が自信を持ってお子様の在宅療養に当たれるよう、原則週1回、看護師がご家庭を訪問し、健康管理や看護技術の指導、療育に関する相談などの支援を行います。
必要な場合のみ年1回医師などによる訪問健康診査、療育相談があります。事業の利用期間は原則1年以内です。
看護・介護の代替や介護者の軽減負担、休養等を目的とした事業提供はしておりません。

詳しくは東京都福祉保健局のページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

相談窓口

お住いの地域の健康サポートセンター

 

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部障害者福祉課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?