区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

いじめ防止のための取り組み

いじめ発見・対応、いじめ防止のための実践プログラム

平成28年10月、「平成27年度児童生徒の生活指導上の諸問題に関する調査」の結果が文部科学省より発表されました。江戸川区では、平成25年度以降、この3年間でいじめの認知件数が大幅に減っており、状況が改善しています。これは、年3回以上のいじめに関するアンケートやいじめに関する授業の実施が各学校の取組として定着したことが大きく関わっていると考えています。

一方で、認知件数の減少は、教職員のいじめに対する意識が低くなっていることを表しているとの指摘もあります。大切なことは調査結果を真摯に受け止め、各学校の教職員が日常的に一人一人の子どもを気にかけ、子ども達自らが、いじめ防止の視点に立って生活できるようにしていくことです。

そこで、今回の改訂では、毎年2学期に設けていた「いじめ防止プログラム週間」を廃止し、年間を通じていじめ防止に関わる取組を実施していくこととしました。その際、日常的にアンケートを実施できるようにするため、内容を精査して「学校生活や友人関係に関するアンケート」として例示しました。

各学校で積極的にアンケートや実態に応じた授業等の実践を計画的に行っていいただき、いじめの未然防止・早期発見・早期解決につなげていただければ幸いです。

この「豊かな心を育むために<いじめ発見・対応、いじめ防止のための実践プログラム>」が、子ども達の楽しく充実した学校生活の手助けになることを、心よりお祈り申し上げます。
平成29年2月

豊かな心をはぐくむために「いじめ実態把握調査」改訂版(平成29年2月10日)(PDF:1,931KB)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局教育指導課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。