区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

蚊の発生を防ぎましょう

蚊はかゆみを起こすばかりでなく、感染症を媒介することがあります。日本でも、平成26年8月に国内でデング熱に感染した患者が約70年ぶりに報告されました。このような感染症を国内にまん延させないためにも、日ごろから家のまわりでの対策を心がけましょう。

蚊の発生防止は幼虫(ボウフラ)から!

蚊は卵を水際に産み(1回に100程度)、約3日間で幼虫(ボウフラ)になります。水中で約1~2週間生息したのち、成虫になります。(成虫の寿命は約1ヶ月)
蚊の防除は、水中に生息する蚊の幼虫(ボウフラ)の発生を防ぐことが有効です。ボウフラは水がなければ発生しません。1週間に1度は溜まった水を捨てて、ボウフラの発生を防ぎましょう。

ボウフラはこんな場所で発生します

蚊は下の写真のような小さな水たまりに卵を産み付けます。ボウフラは水がなければ生きていけません。家のまわりをチェックして対策をとりましょう。

放置された空缶、空びん
1 放置された空缶、空びん

植木鉢の受け皿
2 植木鉢の受け皿

雨除けのシート
3 雨除けのシート


4 雨ざらしの容器


5 古タイヤ

散水用の汲置き水
6 散水用の汲置き水

蚊の防除のポイント

  1. 放置された空缶、空びんなどは撤去する
  2. 植木鉢の受け皿の水は捨てるか、週1回は取り替える
  3. 雨除けのシートはたるみ、くぼみができないようにかける
  4. 不要な容器は撤去するか、逆さまにする
  5. 古タイヤは処分するか、水がたまらないように穴をあける
  6. 散水用にためた雨水はすぐ使うか、フタをする
  7. 水生植物の鉢はまめに水を入れ換える、細かい目の網をかぶせる、金魚やメダカを飼うなどの対策をとる

蚊に刺されないために

屋内での対策

  • 網戸を設置し、蚊取り線香などを利用する
  • ドアや窓の開閉は素早く行う

屋外での対策

  • 蚊が多いところへ出かけるときは、長そで長ズボンを着用し、肌を露出しない服装を心がける
  • 必要に応じて虫よけを使用する
  • 蚊のすみかとなる家のまわりの雑草を刈る

※殺虫剤を使った駆除は一時的な効果しかありません。使いすぎは健康や環境に影響をあたえるおそれがあります。
むやみに散布することは避け、蚊が発生しにくい環境づくりを心がけましょう。

デング熱について

デング熱については、下記のリンク先を参照してください。

デング熱について(江戸川区)

ジカウイルス感染症について

ジカウイルス感染症については、下記のリンク先を参照してください。

関連情報

「施設管理者向け 蚊の発生防止対策」(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

「蚊をなくして快適な夏を-感染症を媒介する蚊の発生防止対策-」(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

平成30年度 感染症媒介蚊の調査結果(江戸川区)

感染症媒介蚊サーベイランスの結果(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

デング熱サーベイランスの結果(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

デング熱について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

ジカウイルス感染症について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部生活衛生課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。