区民向け情報

閉じる

更新日:2019年5月1日

ここから本文です。

後期高齢者医療制度とは

現在、日本の医療保険制度では、国民はいずれかの医療保険(国民健康保険、社会保険、共済組合など)に加入しなくてはなりません。
75歳になると、それまで加入していた医療保険から後期高齢者医療制度に移行します。

なお、65歳から74歳までの方で、申請により一定の障害があると東京都後期高齢者医療広域連合から認定された方も加入することができます。

制度の運営

東京都内のすべての区市町村が加入する「東京都後期高齢者医療広域連合」が運営主体となります。

東京都後期高齢者医療広域連合が行うこと

被保険者の認定や保険料率の決定(保険料の計算)、医療の給付など制度の運営を行います。

<おもな役割>

  • 被保険者の認定
  • 保険料率の決定
  • 健診事業の実施
  • 医療の給付
  • 保険料の賦課(保険料の計算)

区市町村(江戸川区)が行うこと

住所変更や給付申請などの受け付けを行います。また、保険証の引き渡しや保険料の徴収なども行います。

<おもな役割>

  • 保険料の徴収、納付相談
  • 保険証の引き渡し
  • 各種申請の受付
  • 転入などの加入や資格喪失の届け出の受付

制度の財政

医療費の一部負担金(自己負担)を除き、原則として公費(約5割)、現役世代からの支援金(約4割)の他、被保険者のみなさんから納めていただく保険料(約1割)で運営します。
病気やケガをしたとき、安心して医療にかかれるよう世代を超えて、みんなで支えています。

画像 制度の財源

広域連合に関するお問い合わせ先

広域連合お問い合わせセンター
電話:0570-086-519(平日午前9時から午後5時まで)
広域連合ホームページ「東京いきいきネット」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

問い合わせ

高齢者医療係 電話:03-5662-1415

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部医療保険課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?