区民向け情報

閉じる

更新日:2019年4月1日

ここから本文です。

重度心身障害者手当

1 対象者

江戸川区に住民票のある原則として65歳未満の方で次のいずれかに該当する方。

  • (1)重度の知的障害で、介護者が常に目を離せず特別な配慮が必要な方
  • (2)重度の知的障害と重度の身体障害の重複している方
  • (3)重度の肢体不自由で両上肢・両下肢の機能が失われ、座っていることが困難な程度以上の身体障害のある方

2 手当月額

  • 60,000円

3 支給制限

次のいずれかに該当するときは受給できません。

  • (1)施設に入所しているとき
  • (2)病院、診療所、老人保健施設等に3か月を超えて継続して入院しているとき
  • (3)障害者本人(20歳未満の場合は保護者)の所得が所得制限限度額を超えているとき
    • *所得の適用年度
      • 毎年11月に次年度所得に切替
      • 申請月は「5 申請手続き」を参照

※保護者所得の判定により受給できなかった方は、20歳到達月より本人所得での判定となりますので申請について確認してください

4 支給方法

  • 手当は請求のあった月から支給要件に該当しなくなった月まで支給されます。
  • 月ごとに、前月分を毎月20日までに指定の金融機関口座に振り込みます。

5 申請手続き

次のものをお持ちの上、障害者福祉課へおいでください。

  • (1)既に手帳をお持ちの方は、身体障害者手帳、愛の手帳
  • (2)印鑑(スタンプ印不可)
  • (3)マイナンバー関係書類
    • マイナンバーの確認ができる書類(通知カード・個人番号カード【マイナンバーカード】等)
      申請者(障害をお持ちの方)、申請者が未成年で婚姻している場合はその配偶者、
      申請者が未成年の場合はその扶養義務者(申請者の父母等)の分が必要です。
    • 来所した方の身元確認ができる書類
      • 1点で確認可能なもの:個人番号カード【マイナンバーカード】、運転免許証、パスポート
        身体障害者手帳、愛の手帳 など
      • 2点で確認可能なもの:年金手帳、健康保険証、後期高齢者医療証、介護保険証、生活保護証明書、社員証
        学生証、公共料金領収証 など
    • 代理の方が来所される場合は、申請者から手続きを委任されたことがわかる書類
      申請者の身体障害者手帳、愛の手帳、健康保険証、個人番号カード【マイナンバーカード】など1点、
      または委任状

※手当の認定には、東京都心身障害者福祉センターの医師による判定を受けていただきます

所得判定について

マイナンバーによる情報連携開始により、課税証明書の提出は不要となりました。

ただし情報連携の不具合や他のサービスの申請にあたり、提出をお願いする場合があります。

6 手当支給を受けている方の届出事項

  • (1)毎年8月に所得状況届、毎年2月に現況届を提出していただきます。
  • (2)下記の場合はすぐに届出をしてください。
    • 施設入所をしたとき
    • 病院、診療所、老人保健施設等に入院したとき
    • 金融機関を変更したとき
    • 受給者が死亡されたとき
    • 住所、氏名が変更になったとき
    • 江戸川区から都外に転出されたとき

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部障害者福祉課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?