区民向け情報

閉じる

更新日:2021年11月10日

ここから本文です。

2-7かど敷地の建築制限とはどのようなことですか?

東京都建築安全条例第2条により、幅員6メートル未満の道路が交わるかど敷地の場合、見通しと交通安全のため敷地のすみを頂点とする底辺2メートルの二等辺三角形のすみ切りが必要です。
また、この部分は敷地面積に算入できますが、人と車が容易に通行できるよう、道路状に整備しておく必要があるので、建物を建てたり、塀などを築造することはできません。
ただし、かどになっている部分の角度が120度以上の場合、すみ切りの必要はありません。

なお、建蔽率の角地緩和については「2-10敷地が角地にあります。建蔽率の角地緩和は受けられますか?」をご確認ください。

図:かど敷地の建築制限

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは都市開発部建築指導課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?