区民向け情報

閉じる

更新日:2019年7月8日

ここから本文です。

不燃化推進特定整備事業

不燃化推進特定整備事業(不燃化特区制度)について

不燃化特区制度は、東京都の実施する「木密不燃化10年プロジェクト」に基づく制度で、令和2年度まで時限的に、特に防災性に課題のある地区を重点的・集中的に改善していくものです。不燃化特区は、都の「防災都市づくり推進計画」に定める整備地域(都内で約6,900ヘクタール)のうち、地域危険度が高い地区について、区からの整備プログラムの提案に基づき、都が指定するものです。
江戸川区では、下表の4地区が不燃化特区に指定され、老朽木造建築物の取り壊しや耐火性のある建築物への建替えの際に費用の一部の助成を行うことで、燃えない燃え広がらないまちを目指しています。
また、不燃化特区内で耐火建替えした建築物や老朽木造建築物除却後の土地に対する固定資産税等の減免を行っています。詳しくは、江戸川都税事務所固定資産税係(電話:03-3654-2151)にお問い合わせください。

不燃化特区一覧
No. 地区名 地区面積 指定年月日 指定終了年月日

1

南小岩七・八丁目周辺地区(PDF:383KB)(別ウィンドウで開きます) 47.2ヘクタール 平成25年5月24日

令和3年3月31日

2

松島三丁目地区(PDF:271KB)(別ウィンドウで開きます) 25.6ヘクタール

平成26年4月1日

令和3年3月31日

3

平井二丁目付近地区(PDF:196KB)(別ウィンドウで開きます) 28.6ヘクタール 平成26年4月1日 令和3年3月31日

4

南小岩南部・東松本付近地区(PDF:412KB)(別ウィンドウで開きます) 73.8ヘクタール

平成27年4月1日

令和3年3月31日

不燃化推進特定整備事業 事業地区位置図

不燃化特区位置図

不燃化特区における不燃化助成・支援制度の概要

【不燃化助成の概要】 ※適用期限 令和3331日まで

老朽建築物取壊し費用の助成

助成要件 助成内容 助成金額※1
  • 昭和56年6月1日の建築基準法耐震基準改正前の木造建築物
建築物と付属工作物の取壊し費用及び整地費 取壊す建築物の床面積1平方メートルあたり21,000円を上限とします。

1 助成金額は年度単位で変更になる場合があります。

耐火建替え助成

助成要件 助成内容 助成金額※1
  • 昭和56年6月1日の建築基準法耐震基準改正前の木造建築物
  • 新築する建築物が耐火・準耐火建築物であること
建築物と付属工作物の取壊し費用及び整地費 取壊す建築物の床面積1平方メートルあたり21,000円を上限とします。
  • 昭和56年6月1日の建築基準法耐震基準改正前の木造建築物
  • 新築する建築物が耐火・準耐火建築物であること
新築する建築物の設計費及び工事監理費用

区の定める基準額(PDF:8KB)(別ウィンドウで開きます)
(1~3階の床面積に応じた額)

1 助成金額は年度単位で変更になる場合があります。

手続きの流れ

相談 助成対象
承認申請
工事施工 完了報告・
交付申請
請求 助成金
支払

相談場所

  • 区役所本庁舎 まちづくり推進課 住所:江戸川区中央1丁目4番1号
  • まちづくり相談室 住所:江戸川区南小岩7丁目28番11号

参考

その他

  • この助成の交付決定は、当該年度の予算の範囲内で行います。
  • この事業は、地区の防災性を高めるために行う助成事業です。
  • 申請物件によっては、下記内容も守っていただく場合がございます。
    後退整備、長屋建築時は二方向避難 など
  • 助成を受けるにあたっては、事業主旨にご理解・ご協力をお願いいたします。

問合せ先

平井二丁目付近地区南小岩南部・東松本付近地区
都市開発部まちづくり推進課まちづくり第一係 電話:03-5662-6435(直通)
南小岩七・八丁目周辺地区、松島三丁目地区
都市開発部まちづくり推進課まちづくり第二係 電話:03-5662-6470(直通)

固定資産税等の減免

不燃化特区内で耐火建替えした建築物や老朽木造建築物除却後の土地に対する固定資産税等の減免を行っています。減免内容、条件、期限など詳しくは、東京都主税局ホームページ(住宅(外部サイトへリンク)土地(外部サイトへリンク))又は江戸川都税事務所固定資産税係(電話:03-3654-2151)にお問い合わせください。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは都市開発部まちづくり推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。