区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 広報えどがわ > 2023年 > 2023年1月 > 1月15日号 > 特集 子ども会から生まれる地域の絆

更新日:2023年1月15日

ここから本文です。

特集 子ども会から生まれる地域の絆

CCBY 但し、画像データは除きます

 

 

1月の行動 世代を超えて地域のイベントや防災訓練に参加し、絆を深めよう!

さまざまな経験が子どもを育む

ある晴れた日に区内の公園で谷河内若葉子ども会の防災訓練が行われました。といっても皆さんが想像するような訓練ではなく、「防災食の食べ比べ」など子どもたちが飽きない工夫がてんこ盛りの防災訓練。防災食のお米で作ったいなりずしを食べた子どもたちは、準備してくれた大人たちに「本当においしい」「ありがとう」と言っていました。
このような魅力あふれる活動をしている子ども会が区内に93団体あります。掲載している写真は各地域の子ども会が一年を通じて実施した行事の一部。この他にも子ども会は多様なレクリエーションや奉仕活動などを行い、子どもたちの自主性・協調性・社会性を育んでいます。

子ども会の行事写真(JPG:311KB)(別ウィンドウで開きます)

子どもを通じて深まる住民の絆

そんな子ども会を縁の下から支えているのが大人の皆さん。冒頭で紹介した防災訓練も谷河内南町会や「NPO法人 手をとりあってつなぐ命」の関係者の協力により実現できたそうです。地域全体で子どもを育てるという目的が、みんなの気持ちを一つにして住民の絆を深めることにつながっています。
興味を持った方は、近所の子ども会をのぞいてみませんか?

子どもの成長を大人が優しく促す場所

小学5年生の娘と一緒に参加している子ども会はユニークです。例えば、「次回は防災食の創作コンクールをやるから考えてきて!」と宿題が出る。こんな企画を大人が一生懸命考えるんです。これを面白いと感じた子は「次は私が誰かを楽しませたい!」とスイッチが入る。
子ども会は、大人が子どもの成長を優しく促すステキな場所です。

谷河内若葉子ども会 栄 明子さん

江戸川区子ども会連合会 瑞江支部長 原田 仁さん

地域が一つになって子どもを育む場所

長男と一緒に参加してから、28年間子ども会に関わっています。私にとって子ども会は「子どもたち一人ひとりが尊重され、自分を出していける場所」「大人が一番簡単に地域コミュニティに関われる場所」です。
子どもたちが活動を通じて成長を実感でき、自信が持てるよう、今後も地域全体で応援していきたいですね。

Act! さあ行動しよう 近所の子ども会に参加してみよう!

「江戸川区の子ども会」ホームページの「子ども会マップ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」で区内の子ども会を検索することができます。各地域の子ども会の活動内容なども確認できますので、ぜひご覧ください。
子ども会への参加方法や、お住まいの地域の子ども会が分からない方は、お問い合わせください。

問い合わせ

育成活動支援係 電話:03-5662-0357

区民ニュース(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)でも関連動画を放映中

 

 

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?