区民向け情報

閉じる

更新日:2022年12月1日

ここから本文です。

葛西小学校・葛西中学校 両校をつなぐ校歌の連続演奏初演奏

江戸川区唯一の校舎併設型小中連携教育校の「葛西小学校・葛西中学校(校長:内野雅晶)」では、小学校と中学校の2校の校歌を連続して歌うことができる楽譜を新たに作成し、11月7日(月曜日)に行われた周年記念の合同式典で初めて披露されました。

令和元年度に校舎併設型小中連携教育校として、新しく建設された一つの校舎に併設された葛西小学校と葛西中学校。区教育委員会が定めた「小中連携教育基本方針」には、始業式等の儀式は小学生と中学生が一堂に会して行うと定められています。同校ではこれまで、小学校と中学校の校歌を独立して演奏していました。

同校では校舎併設を生かし、小中連携ができるものを増やしたいと、校歌の連続演奏を考案。楽譜の作成を、元江戸川区立二之江中学校の音楽科教師(現:東大和市立第四中学校音楽科教師)で、作曲家でもある相馬孝洋氏に依頼しました。2校の校歌の間奏部分には、閉校した二之江第三小学校の校歌と、第六葛西小学校の校歌のメロディーが取り入れられ、3つの小学校を卒業した児童が葛西中学校の門をくぐるイメージです。歌い続けられてきた二之江第三小学校の校歌のメロディーも地域に受け継がれていきます。

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?