区民向け情報

閉じる

更新日:2020年6月25日

ここから本文です。

就学援助費

新型コロナウイルス感染症に伴う就学援助の取り扱いについて

就学援助制度は通常、前年の世帯全体の所得を基に審査しておりますが、新型コロナウイルス感染症により家計が急変した世帯に対しては、直近の所得状況を踏まえた審査を行います。

前年の所得では対象外の方でも支給対象になる場合があります。

事由に該当する方は、必要書類をご用意の上、学校又は学務課学事係までご提出ください。

新型コロナウイルス感染症に伴う就学援助の取り扱いについて(PDF:84KB)(別ウィンドウで開きます)

対象

新型コロナウイルス感染症により失業や、入院・休業・売上の減少等を起因として収入が著しく減少した世帯

申請に必要な書類

  1. 就学援助費受給申請書
    江戸川区立の小学校・中学校に在籍している場合は、学校から配布されているものをご利用ください。
    江戸川区外の国公立小学校・中学校等に在籍している場合は、学務課学事係の窓口にお越しください。
  2. 申立書
    申立書(PDF:6KB)(別ウィンドウで開きます)
  3. 収入の状況が確認できる書類
    例:直近3か月の給与明細、売上帳簿等
  4. 離職証明書、雇用保険受給資格者証、入院していたことがわかる書類等

(注)1を既に提出している場合は、2から4の書類を提出してください。
(注)3については16歳以上の方全員分が必要となります。
(注)4については該当する方のみ提出の必要があります。
(注)この申立てにより認定を受けた場合、令和2年中の収入が確定した時点で、再度認定審査を行います。審査の結果、認定基準を超過している場合には令和2年度の就学援助費の全額または一部を返還していただく必要がございますので、予めご了承ください。

提出方法

必要書類の1から4を学校又は学務課学事係へ提出してください。
(注)1については必ず学校へ提出をお願いします。既に提出している場合には、必要ありません。

提出期限

  • 一期認定
    必要書類を令和2年7月8日までに提出した場合は、4月又は事由発生日まで遡り審査を行い、認定になった場合は9月初旬に就学援助費の支給を行います。
  • 二期認定
    必要書類を令和2年8月24日までに提出した場合は、4月又は事由発生日まで遡り審査を行い、認定になった場合は10月中旬に就学援助費の支給を行います。

(注)8月25日以降に提出された場合は、申請月又は事由発生日からの審査となります。

その他

否認定の結果が出ている場合でも、感染症により家計が急変した世帯は、必要書類を揃えての再申請が可能です。希望する場合は、学務課学事係へご相談ください。

また、感染症の影響に関わらず、主たる生計者の保護者の失職や主たる生計者の死亡、入院等の事由で再申請が可能な場合があります。詳しくは、学務課学事係へご相談ください。

就学援助のご案内

就学援助制度とは、経済的に就学が困難なご家庭に、学校生活で必要な費用の一部を江戸川区が援助する制度です。就学援助は保護者の申請に基づき、世帯全体の前年所得額を基準とします。

就学援助を受けることができる方

江戸川区に住んでいて、江戸川区立または国公立の小学校・中学校、不登校特例校に通学しているお子様がいるご家庭で、次のいずれかに該当するご家庭が対象となります。
江戸川区以外にお住まいの方は、住所地の教育委員会にご相談ください。

  1. 生活保護を受けている方
  2. 前年度又は当年度中に生活保護の廃止・停止を受けた方
  3. 世帯全員の前年合計所得が基準以下の方

【参考例】

援助を受けることができる所得の目安

世帯構成例 前年中の世帯所得
2人 父または母33歳、子ども(小学1年) 233万円以下
父または母38歳、子ども(中学1年) 250万円以下
3人 父35歳、母31歳、子ども(小学1年) 299万円以下
父39歳、母37歳、子ども(中学1年) 316万円以下
4人 父38歳、母33歳、子ども(小学3年、4歳) 330万円以下
父42歳、母38歳、子ども(中学1年、小学4年) 362万円以下
5人 父38歳、母32歳、子ども(小学4、小学2年)、祖母65歳 385万円以下
父48歳、母45歳、子ども(高校生16歳、中学2年、小学4年) 404万円以下

上記表は大体の目安であり、世帯構成・年齢等により変わります。

世帯所得は、世帯構成員の年齢等により世帯ごとに異なりますので、お問い合わせいただいても審査前に世帯所得の計算をすることはできません。

多子世帯給食費補助

令和2年度より、保護者負担の軽減を図るため就学援助制度を拡大し、第3子以降の給食費無償化を実施します。

対象者

3人以上の学齢期(小学生・中学生)の子のうち、第3子以降の国公立小学校・中学校等
(注)私立の「不登校特例校」も含みます。

認定基準

通常の就学援助制度の基準額より認定基準を引き上げます。
通常の就学援助制度の基準で認定にならなくても、引き上げた基準以下であれば給食費のみ支給の対象となります。

【参考例】
給食費補助を受けることができる所得の目安
世帯構成例 前年中の世帯所得
4人 父または母38歳、子ども(中学2年、小学4年、小学3年) 566万円以下
5人 父42歳、母38歳、子ども(中学3年、中学1年、小学3年) 653万円以下
6人 父45歳、母40歳、子ども(中学3年、中学1年、小学4年、小学2年) 735万円以下
7人 父45歳、母40歳、子ども(高校生16歳、中学3年、中学1年、小学4年、小学2年) 822万円以下

上記表は大体の目安であり、世帯構成・年齢等により変わります。

世帯所得は、世帯構成員の年齢等により世帯ごとに異なりますので、お問い合わせいただいても審査前に世帯所得の計算をすることはできません。

就学援助の手続き

  • 江戸川区立小学校・中学校に在籍している児童生徒の保護者の方
    毎年4月に学校を通じて申請書を配付します。就学援助を希望される方は、必要事項を記入して、学校に提出してください。年度の途中でも申請できます。

就学援助費申請のお知らせ(PDF:883KB)(別ウィンドウで開きます)

  • 江戸川区立以外の国公立の小学校・中学校に在籍している児童生徒の保護者の方
    就学援助を希望される方は、毎年度、教育委員会学務課学事係へ申請にお越しください。年度の途中でも申請できます。

必要書類

  1. 申請書
  2. 通帳コピー
    (注)金融機関名、店名、口座番号、名義人氏名(カタカナ)の記載があるところをコピーして、申請書裏面にのり付けしてください。
    (注)ゆうちょ銀行の場合は、記号・番号ではなく、振込用の店名(3けたの漢数字)・口座番号(7けた)が必要です。ゆうちょ銀行・郵便局の窓口で、振込用の店名・口座番号を通帳に印字してもらってください。
    (注)ネット銀行等通帳がないタイプの口座の場合は、ネット上で口座情報(名義人、支店コード、口座番号)が確認できるページを印刷してください。
  3. 以下の場合によって、必要書類が異なります。
    ・当年の1月1日に江戸川区に住民登録がある場合は、収入の有無にかかわらず前年分の所得の申告を必ず行ってください。(所得証明の提出は不要です)
    ・当年の1月2日以降に江戸川区へ転入した場合は、当年の1月1日に住民登録をしていた自治体が発行する「住民税課税・非課税証明書」(前年所得金額の記載があるもの。扶養情報等が省略されていないもの)の提出が必要です。(コピーでも可。源泉徴収票等では受付できません。)

注意事項

住民税の申告が済んでいない場合や、必要書類が添付していない場合は審査することができません。税の申告は収入の有無にかかわらず、税務署あるいは区役所課税課で申告してください。
なお、1月2日以降に江戸川区へ転入した方は、当該年度の課税・非課税証明書(所得金額が載っているもの。6月中旬以降に発行されます。)を添付してください。

江戸川区外にお住いの方は、江戸川区ではお申し込みができませんので、お住まいの区市町村の教育委員会へご相談ください。

年度途中で江戸川区外へ転出された方は、転出された時点で資格喪失となり認定取消しとなります。以降も援助を希望する場合は、新しい住所地の教育委員会で就学援助の申請を行ってください。

認定結果の通知

  1. 江戸川区立の小学校・中学校に在籍している方については8月以降に学校を通じて通知します。
  2. 江戸川区立以外の小学校・中学校に在籍している方については10月以降にご自宅へ郵送で通知します。

就学援助の内容

  1. 学用品・通学用品費
  2. 学校給食費
  3. 校外活動費
  4. 新入学児童生徒学用品費
  5. 修学旅行費
  6. 林間学校費
  7. 音楽鑑賞教室費
  8. セカンドスクール費(小学校のみ)
  9. ウィンタースクール費(小学校のみ)
  10. スケート教室費(小学校のみ)
  11. 卒業記念アルバム費
  12. クラブ活動費(中学校のみ。ボール等、部員全員が共通に使用・負担するものに限る)
  13. 医療費(学校保健安全法に基づくもの。虫歯・中耳炎などの学校病のみ)
  14. 通学費(特別支援学級通級者・日本語学級通級者のみ)

(注1)生活保護を受けている方の1、2、4、12、14の援助費は、福祉事務所から支給されます。
(注2)認定結果が出る前に行う行事などの費用は、認定後支給します。
(注3)13の医療費については、医療機関を受診する際、医療券を交付します。
医療券交付の手続きには、平成28年1月からマイナンバーを利用します。
番号確認と本人確認を行いますので、ご協力をお願いします。
詳しくは江戸川区でマイナンバーを利用する主な事務のページをご覧ください。
(注4)江戸川区では令和元年度小学校・中学校へ入学のお子さまがいる方より、新入学児童生徒学用品費の前倒し支給を行っております。小学校に入学されるお子さまがいる方には、別途「新入学児童生徒学用品費の前倒し支給」の申請書をご自宅に郵送いたします。詳しくは、新入学児童生徒学用品費の前倒し支給のページをご覧ください。

支給方法について

上記の各援助費(学校給食費・医療費を除く)は、区から保護者口座に直接振込をします。入金は、9月以降を予定しています。なお、学校給食費は学校長の口座へ振込みいたします。
(注)江戸川区立以外の小学校・中学校に在籍している方は翌年の4月頃に、一年分を一括で振込みいたします。

その他

就学援助の制度は、認定された方に就学援助費を支給するものであり、教材費等の納付が免除されるもの
ではありません。学校納付金については、学校の指示に従って納めてください。

お問い合わせ

このページは教育委員会事務局学務課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。