区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 住まい > 住まいづくりの手引き > 6.工事が完了したときの注意点は? > 6-3 土地や建物に関する税金にはどのようなものがありますか。

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

6-3 土地や建物に関する税金にはどのようなものがありますか。

建築計画開始

関係機関と協議

建築確認

工事着手

中間検査中間検査は一定の規模・構造により必要となります。)

建物完成

完了検査

完成後の諸手続き

工事が終わったあとの注意点

建物が完成すると引越しなどの準備で忙しくなりますが、建物の検査や完成後の様々な手続き等があることを忘れないで下さい。この検査や諸手続きは、業者が代行することもあるようですが、最後は建築主自身で確認しておくことが大切です。

不動産取得税

家屋の建築(新築、増築、改築)、土地や家屋の購入、贈与、交換などで不動産を取得した際にかかる税金です。

詳しくは東京都主税局のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

登録免許税

建物を登記した際にかかる税金です。

詳しくは東京都主税局のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

固定資産税

固定資産税とは毎年1月1日現在、所有する固定資産に対して課せられる税金です。納税義務者は毎年1月1日現在、固定資産課税台帳に所有者として登録されている方(土地や建物の登記簿に所有者として登記されている方。登記していない場合は、実際の所有者)です。

固定資産税」について詳しくは東京都主税局のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

都市計画税

都市計画事業に要する費用に充てるため、都市計画区域内(江戸川区全域)に所在する土地及び建物に課す目的税です。

詳しくは東京都主税局のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは都市開発部建築指導課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?