区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 防犯 > 地域の防犯への取り組み > 最近の活動の紹介 > 区内で活動中の5団体が「都民安全推進本部長賞」受賞

更新日:2020年11月25日

ここから本文です。

区内で活動中の5団体が「都民安全推進本部長賞」受賞

表彰の目的

「誰もが安全安心を実感できる社会」の実現に向けて取り組んでいる防犯ボランティアの個人・団体に対し、都民安全推進本部長賞を贈呈することにより、地域の防犯ボランティア活動の活性化を図る。

受賞対象

表彰状

7年以上防犯活動を継続的に実施、または地域の安全安心に関して模範となる先駆的な活動を実施している個人及び団体

感謝状

1年以上防犯活動を実施している団体

受賞団体

表彰状

環境をよくする葛西地区協議会(千倉嘉一 会長)

本環境をよくする葛西地区協議会は6つの地区部会に分かれており、各地区部会において、町会・自治会による防犯パトロール等の安全安まちづくり活動に取り組み、春・秋の一斉美化運動を実施しています。また、自転車盗、特殊詐欺等の犯罪が減少するよう、地域ぐるみで広く注意を呼びかけ、安全で安心な住みよいまちづくりを推進しています。

青少年育成瑞江地区委員会(栗山利宏 委員長)

青少年をめぐる社会環境の浄化を図ることを目的として活動しています。防犯に関する活動としては、小・中学校が夏休み期間期間に入る7月と8月の期間中に週1回(計4回)の夜間パトロールを警察・行政と連携し、積極的に行っています。また、地域の中学生が参加する「東部地区自転車盗ゼロ作戦」に参加し、地域の防犯に大きく貢献しています。

江戸川区しんきん協議会(髙橋桂治 会長)

区・警察三署と連携し、特殊詐欺被害防止対策として警察官を講師に迎えての管理職研修の実施、「ATMで還付金は戻りません」と書かれた啓発マグネットの全店舗ATMへの設置、熟年者への声掛け等を行っており、身近で起こっている振り込め詐欺から熟年者の大切な資産を事前に守るため活動しています。

江戸川区熟年者福祉施設連絡会(林義人 会長)

介護サービス利用者を自動車で送迎する際に、熟年者から児童に至るまでの幅広い年代を対象に、見守りを中心とした安全・安心活動を行っています。平成29年度より、区主体の「ながら見守りパトロール」に協力し、送迎車に「安全・安心パトロール」のステッカーを装着して防犯活動を行うことで、地域の防犯意識の向上に繋げています。

感謝状

地縁法人 平井西町会(松浦冨美子 会長)

春と秋の管内一斉美化運動や毎月の安全・安心パトロール等を実施しています。中でも花の手入れをしながら登下校を見守る「花いっぱい運動」の取り組みには特に力を注いでいます。この活動を通して、近隣同士や住民と子供たちがより身近な関係になることで、様々な犯罪の防止や災害時の助け合いの輪にも繋がっています。

主催

東京都都民安全推進本部

これまでの受賞歴

平成28年度

葛西防犯カメラの会

瑞江・篠崎地区連合会

東小松川南町会

平井ふれあい道路駐輪場運営委員会

平成29年度

環境をよくする鹿骨地区協議会

上小岩六東自治会

京成小岩イエローベレー隊

江戸川区新聞販売同業組合

平成30年度

環境をよくする小松川平井地区協議会

環境をよくする東部地区協議会

宇喜田町・小島地区自治連絡協議会わんわん・ウォーキングパトロール隊

江戸川区立小学校PTA連合協議会

令和元年度

環境をよくする中央地区協議会

環境をよくする小岩地区協議会

青少年育成京葉地区委員会

江戸川区くすのきクラブ連合会

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは危機管理部地域防災課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?