区民向け情報

閉じる

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

年度の途中で加入したり、やめたりしたときの保険料について

年度の途中で国保に加入したり、やめたりしたときの保険料は次のとおりになります。
年間保険料×{(4月~翌年3月の間で、国民健康保険に加入していた月数)÷12か月}』
注釈1:月の途中で加入したときはその月から、やめたときは前月までが加入していた月です。
注釈2:保険料の日割り計算はありません。

江戸川区に転入し、国民健康保険に加入した方の保険料

国民健康保険料は、所得割額(前年の所得金額をもとに計算する保険料)と均等割額(加入する人数に応じてかかる保険料)の合計金額です。

1月2日以降に、他の市区町村から江戸川区に転入された方の前年の所得金額は、1月1日に住民登録していた市区町村で把握しています。そのため、江戸川区で国民健康保険に加入した時点では、引っ越してきた方の所得金額が分からないので、加入時には均等割額のみの保険料額を計算し、決定通知書を窓口でお渡しします。

加入手続き後に、江戸川区から前年の所得金額を把握している市区町村へ照会します。判明した所得金額をもとに、保険料額を再計算します。
前年に所得があった場合は、所得割額が増額になります。また、所得が一定基準以下の場合は、均等割額が減額されます
なお、保険料が変わった場合には変更通知書をお送りします。

年度の途中で75歳になる方がいる世帯の保険料

75歳の誕生日から後期高齢者医療制度の被保険者になります。国民健康保険料は誕生日月の前月分までかかります。
なお、75歳到達により後期高齢者医療制度に移行される方は、国民健康保険をやめる届出をする必要はありません。新たな保険証と保険料通知については、別途、医療保険課高齢者医療係から送られてきます。また、後期高齢者医療制度の保険料は誕生日月から発生します。

「一人世帯」の方の場合

  • 国民健康保険の加入月は、75歳の誕生月の前月までです。
  • 国民健康保険料は、75歳の誕生月の前月分までの保険料を、6月から誕生月の前月までの納期で均等に分けてお支払いいただきます。5月~7月が誕生月になる方は、1期分(納期限日6月末日)でまとめてお支払いいただきます。
  • 後期高齢者医療制度の加入月は、75歳の誕生月からです。75歳の誕生月から後期高齢者医療制度の保険料が発生します。

「国民健康保険の加入者が複数いる世帯」の方の場合

  • 75歳の誕生日を迎える方の国民健康保険の加入月は、75歳の誕生月の前月までです。
  • 国民健康保険料は、75歳の誕生日を迎える方の誕生月の前月分までの保険料と、他に国民健康保険に加入されている方の年間保険料を合計したものを、3月(年度末)までの納期で均等に分けてお支払いいただきます。(1期あたりの国民健康保険料の負担を緩和するため)
  • 75歳の誕生日を迎える方の後期高齢者医療制度の加入月は、75歳の誕生月からです。加入月から後期高齢者医療制度の保険料が発生します。
  • 国民健康保険料と後期高齢者医療保険料のお支払い月が重なる場合がありますが、75歳の誕生日を迎える方の加入月が重なりませんので、保険料は二重払いにはなりません。

問い合わせ

国民健康保険資格係電話:03-5662-0560

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部医療保険課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?