区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 健康 > 赤ちゃん・子どもの健康 > 「新生児聴覚検査」の費用の一部助成を実施します

更新日:2019年4月1日

ここから本文です。

「新生児聴覚検査」の費用の一部助成を実施します

江戸川区では、新生児聴覚検査をすべての赤ちゃんに安心してお受けいただくために、

平成31年度から、検査費用の一部助成を開始します。

対象者

平成31年4月1日以降に生まれた赤ちゃん

助成金額

新生児聴覚検査の費用の一部(上限3,000円)

助成を受けるには、妊娠届出時に区から配布される「新生児聴覚検査受診票」が必要です。受診券は生後50日に達する日までにお使いください。

「新生児聴覚検査受診票」の受取方法

平成31年3月1日までに妊娠届出をされた方

平成31年3月に「新生児聴覚検査受診票」を住民登録地にお送りしております。

平成31年3月4日から平成31年3月15日までに妊娠届出をされた方

平成31年4月中に「新生児聴覚検査受診票」をを発送しますので、郵送にてお受け取りください。

平成31年3月18日以降に妊娠届出をされた方

妊娠届出の際に「新生児聴覚検査受診票」を配布致します。

実施医療機関

東京都のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)よりご確認ください。

新生児聴覚検査受診費助成金交付制度のご案内

里帰りなどで都内医療機関以外で受診され、受診票を使用できなかった場合、受診費用の一部を助成します。

対象となる方

下記1~3すべてに該当する方

  1. 受診日現在、江戸川区に住民登録がある方
  2. 保険適用外(自費)で受診された方
  3. 契約医療機関以外の医療機関で受診された方(海外での受診は対象外となります)

助成上限額

1回(対象児1人につき) 3,000円

申請に必要なもの

  1. 未使用の新生児聴覚検査受診票
  2. 新生児聴覚検査を受診した医療機関が発行した領収書原本(お手元に診療明細書がありましたらお持ちください。)
  3. 母子健康手帳
  4. 印鑑(スタンプ印以外。朱肉を使うもの)
  5. 振込口座のわかるもの(普通預金通帳、キャッシュカード等)

※申請者氏名と異なる口座名義に振り込む場合は、委任状をご記入いただきます。

申請期限

1歳の誕生日の前日まで

申請場所

各健康サポートセンター

「新生児聴覚検査」とは

生れてすぐの赤ちゃんに聴覚障害の疑いがないかを調べる検査のことです。ささやき程度の音を赤ちゃんが眠っている間に聞かせ、その反応を見るものです。数分で行うことができ、痛みもありません。

聴覚障害は、早期に適切な支援を開始することで、言葉の発達などへの影響を最小限に抑えられますので、検査を受けることをお勧めします。詳細は下記へお問い合せください。

 

健康サービス課健康サービス係(電話:03-5661-2466)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部健康サービス課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?