区民向け情報

閉じる

更新日:2021年5月26日

ここから本文です。

ジュニア訪問員

『令和3年度ジュニア訪問員』について

今年度のジュニア訪問員事業につきましては、新型コロナウイルス感染防止のため、実際に訪問する形式ではなく、オンラインでの実施を試行的に行う予定です。

詳細は6月中旬以降、実施する学校を通してお知らせします。

ジュニア訪問員(中学生ボランティア)がご近所の熟年者に元気と笑顔をお届けします!!

「ジュニア訪問員」がご近所の熟年者とお話等をすることで、世代間交流を図り、熟年者と中学生がお互いを見守り・見守られる関係を築くことで、双方に住みやすい「地域共生社会」の実現を目指します。

中学生にとっては、核家族化により、親などの限られた大人以外との交流の機会が減ってきています。親族以外の熟年者とふれあうことで、熟年者の方のことを知り、思いやる気持ちを育み、将来的に地域で活躍するきっかけとしてほしいと願っています。

熟年者の方には、元気と笑顔を届けてもらうと同時に、今後成長する地域の子どもたちに、メッセージや体験談を伝える機会にしていただきたいです。

概要

訪問の様子

  1. 期間・回数:7月下旬ごろから10月末。月1回、計3回。
    (注)翌年3月末までの活動も可。
  2. 日程:ジュニア訪問員と熟年者の間で調整
  3. 募集:中学生は、学校を通して募集(年1回)

訪問先は、なごみの家・熟年相談室・くすのきクラブ等を通して募集(年1回)

令和元年度ジュニア訪問員事業活動報告書(PDF:46KB)(別ウィンドウで開きます)

参加者の声

ジュニア訪問員

  • 「年齢が全然違うけれど、楽しくて、あっという間の時間でした。」
  • 「自分のおばあちゃんとちゃんとお話ししようと思いました。」
  • 「教科書では勉強できない体験談などを聞けて勉強になりました。」

訪問先の熟年者の方

  • 「いつも話し相手がいない生活だったので、ひ孫のようにかわいく、話を聞いてくれて、楽しく過ごせました。」
  • 「今どきの子ども達の様子が聞け、パワーをもらえました。」
  • 「学生さんの笑顔が今でも思い出されて、ほっこりしています。」

保護者

  • 「思いやりの気持ちが育ったと思います。」
  • 「あまり接点のないお年寄りの方への関心を持つことができた。」
  • 「ご近所付き合いが減っているなかで、ふれあいを持つことが双方にとって、よいことなので広まっていくといい。」

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部福祉推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。