区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

独自採用方式とは何ですか。

独自採用方式とは、採用試験は特別区人事委員会が行いますが、“受験申込みの際に、江戸川区のみを希望し、合格した方を採用する”というものです。江戸川区は特別区の中で、唯一、独自方式をとっています。「就職できればどこの区でもよい」という方より、江戸川区を目指し採用された方のほうがより意欲があり、それを区政に反映できるという過去の実績をふまえ、その方法を採用しています。
就職先は自らが選択する”、そして“江戸川区民のために働きたい、役に立ちたい”という意欲と情熱のある方をお待ちしています。

申込みから採用まで

申込みから採用までの流れ

1)江戸川区を含め、東京特別区(23区)に勤務する職員の採用試験は、特別区人事委員会が行っています。

2)最終合格者は、試験区分別に採用候補者名簿に登載されます。

3)江戸川区を第1希望にしている候補者全員は、江戸川区へ提示され、意思確認等を経て採用内定となります。一方、他22区等を希望する方は、申込書に記入された第1希望区・組合を重視し、各区・組合に提示され、面接等を行い、その結果に基づいて採用者を内定します(不選択の場合は採用候補者名簿に戻され、次回の提示を待ちます。欠員状況によっては採用されない場合もあります)。

独自採用Q&A

Q. 江戸川区職員になるにはどうしたらいいですか?

A. 特別区人事委員会が実施する「特別区(東京23区)職員 採用試験」を受験していただき、合格することが必要です。※受験申込みの際、江戸川区を第1希望(江戸川区のみを希望)にしてください。

Q. 江戸川区のみ希望だと不安ですが、本当に大丈夫でしょうか?

A. 大丈夫です。なぜなら、江戸川区を第1希望にされた方で、「特別区(東京23区)職員 採用試験」に最終合格された方は、必ず江戸川区へ提示されるからです。そのため、第2・3希望を書く必要がないのです。

Q. 江戸川区のみを希望したため、不利になりませんか?

A. ご安心ください。特別区人事委員会が統一合格基準に基づいて合否の決定を行います。
そのため、江戸川区と他の22区の合格基準は同一であり、江戸川区を希望したから合格しにくいということはありません。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは総務部職員課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?