区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 衛生 > 環境衛生 > 住まいの衛生 > 受水槽の飲み水の衛生管理

更新日:2022年1月28日

ここから本文です。

受水槽の飲み水の衛生管理

受水槽や高置水槽を持つ給水施設の飲み水の衛生は、所有者または管理者が責任を持って行わなければなりません。給水施設の衛生管理を怠っていると、水が汚染され思わぬ事故につながることがあります。

こんな事故が起きています

床上式受水槽・高置水槽

  • フタがこわれていたり、開いていたために、雨水や鳥のフンが入っていた。
  • 底にサビ・砂・異物などがあった。
  • 点検ハシゴがこわれていて、清掃ができなかったため水質が悪化した。
  • カギをかけていなかったため、洗剤を入れられてしまい水が泡立った。
  • オーバーフロー管・通気管に防虫網がなかったため、ネズミや虫が入り込んだ。
  • 排水口空間がなかったため、水が逆流した。

地下式受水槽

  • マンホールの近くに置いてあったため、灯油や薬品が流れ込んだ。
  • マンホールのかさ上げがなかったので、大雨の時に側溝があふれ、汚水が流れ込んだ。
  • 底にサビ・砂・異物などがあった。
  • マンホールがさびついて動かなくなり、清掃ができなかったため、水質が悪化した。
  • 槽に亀裂や穴があったため、汚水やごみが入り込んだ。
  • 点検ハシゴや吸水管がさびついて、赤水の原因となった。

給水施設の自主管理のポイント

蛇口から取った水は、毎日注意して見ましょう。

透明なコップに水を入れて、色・濁り・臭い・味を確かめてみましょう。

受水槽の周囲は、常に清潔にしておきましょう。

受水槽の周囲(特に上部)には、灯油やワックスなどは絶対に置かないようにしましょう。

オーバーフロー管・通気管には、必ず防虫網を取りつけましょう。

万一、ついていない場合には、網戸の網などを利用して取りつけてください。誰にでも簡単にできます。

フタは完全に覆えるものとし、必ずカギをつけましょう。

カギはさびにくいもの(例えばしんちゅう製など)を、つけましょう。

一年に1回は、貯水槽の清掃を行いましょう。

一年の間には、サビや土砂が自然とたまってしまいます。時々槽内を点検しましょう。

水質検査を受けましょう

定期的に(一年に1回以上)水質検査を受けることによって、飲み水を安心して飲むことができます。
また、水に異常を感じた時にも、水質検査を受けてください。

江戸川保健所生活衛生課でも、水質検査(有料)を受付けています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部生活衛生課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?