区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き・環境 > 国民健康保険 > 国民健康保険(国保) > 保険料について(計算方法、お支払方法、納付相談など) > 保険料の決まり方(計算方法・軽減など) > 雇用保険に加入していて非自発的な失業(倒産や解雇など)をした方(特例対象被保険者等)の保険料軽減制度

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

雇用保険に加入していて非自発的な失業(倒産や解雇など)をした方(特例対象被保険者等)の保険料軽減制度

倒産や解雇などにより失業した方(特定受給資格者)や、正当な理由による自己都合等により離職された方(特定理由離職者)には国民健康保険料の軽減制度があります。届出が必要です。

軽減制度の概要

届出により、対象者ご本人の前年の給与所得を100分の30に軽減して保険料を計算します。
注釈:高額療養費、限度額適用認定証などの所得区分の判定についても同様の取り扱いをします。

軽減対象者の条件

下記1と2の両方の条件に該当する方が対象者となります。

  1. 離職日現在、65歳未満の方
  2. ハローワークから雇用保険受給資格者証(注1)が交付されている方で、離職理由の番号(注2)が11・12・21・22・23・31・32・33・34の「特定受給資格者」または「特定理由離職者」の方

(注1)雇用保険受給資格者証については、ハローワークへお問い合わせください。雇用保険受給資格者証以外の書類では受付できません。
(注2)「離職理由」欄の番号を確認してください。(下図参照)

雇用保険受給資格者証(見本)

軽減対象となる保険料の期間

離職日の翌日の属する月から、翌年度3月31日までの保険料が軽減されます。

(例)離職日が令和4年3月20日の場合、令和4年3月分から令和5年3月分まで、
離職日が令和4年4月30日の場合、令和4年5月分から令和6年3月分までです。

 

届出の方法

窓口での手続きの場合

以下の届出に必要なものをご持参の上、届出の窓口でお手続きをお願いします。

届出に必要なもの

注釈:マイナンバーカードを提示された場合は、マイナンバー確認と本人確認が同時にできます。

届出の窓口

  • (中央・松江地区の方)
    区役所区民課保険年金係
    〒132-8501 中央1丁目4番1号 電話:03-5662-6823
  • (平井地区の方)
    小松川事務所保険年金係
    〒132-0035 平井4丁目1番1号 電話:03-3683-5185
  • (葛西地区の方)
    葛西事務所保険年金係
    〒134-0083 中葛西3丁目10番1号 電話:03-3688-0438
  • (小岩地区の方)
    小岩事務所保険年金係
    〒133-0052 東小岩6丁目9番14号 電話:03-3657-7876
  • (瑞江・篠崎地区の方)
    東部事務所保険年金係
    〒132-0014 東瑞江1丁目17番1号 電話:03-3679-1128
  • (鹿骨地区の方)
    鹿骨事務所保険年金係
    〒133-0073 鹿骨1丁目54番2号 電話:03-3678-6116

郵送での手続きの場合

以下の書類を郵送先へお送りください。個人情報を含むため、特定記録郵便または簡易書留での郵送をお勧めします。

郵送するもの

郵送先

郵便番号132-8501江戸川区中央一丁目4番1号江戸川区役所健康部医療保険課国民健康保険資格係(特例)

ご注意ください。

  • 届出には、雇用保険受給資格者証が必要です。雇用保険受給資格者証以外の書類(離職票・退職証明書等)では受付できません。
  • 軽減を受けるためには、所得の申告が必要です。お済みでない場合は、該当年度の1月1日現在、住民登録がある自治体で申告をお願いいたします。
  • 該当の離職理由が記載されている雇用保険受給資格者証を交付されていても特例受給資格者・高年齢受給資格者については、対象外です。
  • 所得の状況によっては、軽減とならない場合もあります。
  • 2年以上さかのぼった離職日について届出をされる場合、軽減の対象外になる場合もあります。

問い合わせ

  • 届出の方法、保険料について 国民健康保険資格係 電話:03-5662-0560
  • 高額療養費等の所得区分の判定について 国民健康保険給付係 電話:03-5662-8053

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部医療保険課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?