区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 住まい > 江戸川区の空き家の取組みについて > 空き家と活用希望者のマッチング事業

更新日:2021年10月5日

ここから本文です。

空き家と活用希望者のマッチング事業

区内には、まだ使えるのに使われていない空き家が約3,500戸(平成30年時点)あります。
十分な管理がされていない空き家は地域の治安悪化の原因にもなります。

そこで、区では「活用可能な空き家(物件登録)」と「空き家を活用したい方(活用登録)」を募集し、両者を紹介する「空き家活用マッチング」を行っています。
区内にある空き家の新しい使い道を探してみませんか。

空き家活用マッチングの流れ

マッチングの流れ

空き家の物件登録(空き家を所有・管理している方)

区内にある空き家を所有または管理をしており、地域活性化につながる活動の場として空き家を提供してもよいとお考えの方は、事前にご相談の上、空き家の物件登録書を下記の提出先へご送付ください。物件登録書を受領後、現場確認の上、空き家活用マッチング事業へ登録し、活用希望者へ物件情報を提供します。

空き家の活用登録(空き家を活用したい方)

1.活用プランの申し込み

区に登録されている空き家の活用を希望する方は、下記の入力フォームから活用プランをお申し込みください。

(注)本事業は地域貢献につながる活用を募集するものであり、自らが居住目的とするための物件を提供するものではありません。

2.活用登録書を提出

活用プランが本事業に適合する内容である場合は、区からご連絡を差し上げますので、空き家の活用登録書を下記の提出先へご送付ください。活用登録書を受領後、活用希望者として空き家活用マッチング事業へ登録し、物件情報を提供します。

空き家活用者からの活用プラン一覧

活動名称 活用用途

希望

地域

物件の間取り広さ
生涯現役ハウス(仕事付き高齢者住宅) 高齢者等の居住要配慮者向けシェアハウスとワークスペースの確保 区内全域 3LDK、100平方メートル程度
生活保護受給者への住宅提供 空き家となっている一戸建て物件をリフォームし、生活保護世帯向け住宅として提供する 区内全域 特に問わず
こども食堂 プチ・カフェ こども食堂の調理と提供及びこともの居場所作り 東部地区 60平方メートル程度
助産所の経営 助産師による育児支援活動の場として助産所を開業する 区内全域 2~3LDK、70平方メートル程度
「みんなのおうち」 子ども食堂、カフェ、学習支援、お弁当販売 中央地区、東部地区 4LDK、90平方メートル程度

(注)区に登録されている空き家活用者の希望内容です。

空き家活用マッチングによる活用事例

単身高齢女性専用シェアハウスの開設

登録された空き家を活用し、単身の高齢女性専用シェアハウス『フローラ西一之江』が開設されました。働きながら安心して暮らせるようにと、仕事の案内や生活上の悩み相談に対応した『仕事付き高齢者住宅』として運営されます。

玄関

キッチン

よくある質問

1.登録できる物件について

(Q)区の活用案に合わなくても登録できますか?
(A)はい。可能です。

2.登録情報の取扱いについて

(Q)登録すると、名前や連絡先を誰にでも知られてしまいますか?
(A)いいえ。登録情報は一般公開いたしません。

3.他の不動産取引との重複登録について

(Q)「空き家活用マッチング」とは別に、一般の不動産取引に出している物件も登録できますか?
(A)はい。他で取引を依頼していても問題ありません。ただ、そちらの取引が決まった場合は、速やかに連絡をお願いします。

お問い合わせ、登録シートのご提出先

福祉推進課住宅係(本庁舎北棟2階
〒132-8501東京都江戸川区中央一丁目4番1号
電話:03-5662-0517(直通)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部福祉推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。