区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

ごみ減量の取り組み

なぜ、ごみを減らさなければいけないの?

区民の皆さんが出した「燃やすごみ」は清掃工場で焼却され、その焼却灰は処分場に埋め立てしています。
また「燃やさないごみ」も中間処理施設で破砕し、容積を小さくしてから処分場に埋め立てしています。
現在使用している「新海面処分場」は隣接する他県との関係や航路の確保などから、東京港に作ることができる最後の処分場といわれています。
この埋立処分場を一日でも長く大切に使うために、ごみを減らしていく必要があります。
また、ごみを減らすことで、清掃車の台数や清掃工場で焼却するごみが少なくなり、車の排気ガスや清掃工場の焼却ガスが減少することになります。結果として二酸化炭素(CO2)の削減による地球温暖化の防止につながります。

地図 埋立地の地図

写真 埋立地の写真

3R(スリーアール)ってなに?

ごみを減らす取り組みに「Reduce(リデュース)」・「Reuse(リユース)」・「Recycle(リサイクル)」の3つの行動がありますが、それぞれの英単語の頭文字が「R」という文字で始まっていることから「3R(スリーアール)」といわれています。

3Rの中でも、

  • 1 リデュース(ごみになるものを減らすこと)
  • 2 リユース(繰り返し使うこと)
  • 3 リサイクル(再び資源として活用すること)

の順番で取り組むことが基本です。

画像 リサイクル推進キャラクター くるん

リデュース(ごみになるものを減らすこと)

生活する上で、ごみは少なからず出てきます。しかし、生活を工夫することで減らせるごみはたくさんあります。
生活習慣を見直して、日頃からできるだけごみを出さないように心掛けましょう。

買物にはマイバッグを利用して、レジ袋をもらわないようにする。

  • マイバッグ運動を実施中!!
  • 10月は「環境にやさしい買い物月間」です。


  • 余分(不要)な包装(過剰包装)を断り、簡易包装にする。
  • バラ売り、量り売りの商品を選び必要な量だけ購入する。⇒エコストア一覧(環境にやさしい取り組みを実施しているスーパー)
  • 生ごみを堆肥にする(生ごみのリサイクル)


  • 洗剤・シャンプーなどは中身を詰め替えられる商品を買う
  • 使い捨て商品はなるべく使わないようにする。
  • 物を大切にし、最後まで使う。
  • 一時的に必要な物はレンタル商品を利用する。
  • 修理して使える物は直して使う。(修理のお店一覧)
  • 作り直(リメイク)して別なものに活用できないか工夫する。(自作マイバッグの作品が見られます。)


リユース(繰り返し使うこと)

自分がいらなくなったものでも、必要な人に譲る、まだ使える物はリサイクルショップなどを利用するなど、繰り返し使うことでごみになるものを減らします。リユースの情報を上手に利用しましょう!

  • ビールや牛乳はびんのものを選ぶようにする。
  • フリーマーケットやバザーを利用する。⇒フリーマーケット実施状況一覧
  • リサイクルショップを利用する。⇒リサイクルショップ協力店一覧
  • リサイクルバンクに登録する⇒リサイクルバンク(不用品の情報登録制度)


リサイクル(再び資源として活用すること)

使い終わってたものを資源として再生利用すること。
ごみを減らす最後の手段がリサイクルです。まずは、ごみを出さない生活に心掛けましょう!

資源はきちんと分けて集団回収や資源回収に出すようにする

  • 集団回収
  • 資源回収


購入する品物は、再生品を選ぶようにする

(リサイクルマークが目安です。)


画像 リサイクルマーク

お問い合わせ

このページは環境部清掃課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?