区民向け情報

閉じる

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > ファミリー・サポート・センター > ファミリー・サポート・センターとは

更新日:2021年10月13日

ここから本文です。

ファミリー・サポート・センターとは

子どもたちにとって家庭は最も大切な生活の場であり、親の愛情の中で健やかに成長するのが理想です。しかし、現実には仕事や通院などさまざまな事情により、家庭だけで子育てをするのは大変難しいことです。
ファミリー・サポートは、子育てのお手伝いをしたい方(協力会員)と、お手伝いを頼みたい方(依頼会員)がそれぞれファミリー・サポートの会の会員となり、地域で子育ての助け合いを行うものです。

この制度は、お互いの信頼関係によって成り立っています。会員は、プライバシーなどの個人情報保護に細心の注意をはらって活動しています。

援助活動の内容

援助できること

  • 保育園、幼稚園、すくすくスクールなどへの送迎と預かり
  • 保育施設、降園後の預かり
  • 兄弟姉妹の学校行事の際の預かり
  • 保護者の病気や通院時の子どもの預かり
  • 保護者の買い物やリフレッシュなどの際の子どもの預かり
  • お子さんをお預かりする場所は、原則として協力会員の自宅になります。

援助できない場合

  • 宿泊を伴う活動
  • 留守宅への送迎(子どもの引き渡しは、大人のいる場所とします。)
  • 料理や掃除などを含む家事援助
  • お子さんが病気の場合。
  • 援助対象のお子さんやその兄弟姉妹が通う保育園・幼稚園・学校が、感染症が原因で休園・休校になった場合。
  • 保護者の代わりに行事に参加すること(保護者会の参加や旗持ち当番など)

協力会員が病気や急用などで活動できない場合があります。

協力会員の活動時、自動車の利用はできません。

活動場所や時間帯など、内容により協力会員のご紹介が難しい場合があります。

ファミリー・サポート利用の流れ

  1. 会員登録
    お手伝いを頼みたい方(依頼会員)は入会説明会に、お手伝いをしたい方(協力会員)は研修に参加し、会員登録をしていただきます。
  2. 援助活動の依頼
    センターが依頼会員と協力会員のマッチングを行います。マッチング後、依頼会員と協力会員は事前に打ち合わせを行います。
  3. 援助活動の実施
    打ち合わせをして依頼会員と協力会員がお互い合意できた場合、援助活動が実施できます。

会員の資格・登録

依頼会員

  • 区内にお住まいかお勤めの方
  • 援助活動が必要なお子さんがいる方

依頼会員になるには(登録方法を確認)

協力会員

  • 区内にお住まいの方
  • 心身ともに健康で、適切な援助活動のできる方
  • センターの実施する基礎研修、説明会を受講した方

協力会員になるには(登録方法を確認)

援助報酬

ファミリー・サポートの援助活動の基本は、地域の皆さんによるボランティア活動ですが、依頼会員、協力会員がお互いに気兼ねをしないように、援助活動に対して、一定の報酬を定めています。
報酬の支払い、受領は、会員同士で行っていただきます。

報酬額

活動時間

援助報酬
(お子さん一人1時間につき)

【基本時間】

  • 月曜日から土曜日の午前8時~午後7時
    (祝日および年末年始をのぞく)
800円

【時間外】

  • 午前8時よりも前の時間、午後7時を過ぎた時間
  • 日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日まで)
900円

注釈兄弟姉妹一緒の活動の場合、活動時間が重なった時間のみ2人目は半額になります。

ファミリー・サポート・センターの場所

江戸川区中央3丁目4番18号(江戸川区児童相談所「はあとポート」3階)
電話:03-5662-0364
FAX:03-6231-4378
受付時間:月曜日から金曜日(祝日・休日、年末年始を除く)の午前9時から午後5時まで

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは子ども家庭部 児童相談所相談課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?