区民向け情報

閉じる

更新日:2020年9月1日

ここから本文です。

動物を飼う前に考えること

動物を飼う前に

動物を飼うのに愛情はもちろん必要ですが、「かわいい」という気持ちだけでは動物を飼えません。他人には絶対に迷惑をかけない、苦情が出ないようにきちんとしつける・対処するのは飼い主として最も重要な責任です。

以下のことを家族で話しあって下さい。

飼うことのできる環境ですか?

家族の賛成が得られますか。アレルギーや動物嫌いの人がいませんか。

集合住宅の場合、飼っても良い住宅ですか。

経済的な余裕がありますか?

かかるお金は食費だけではありません。予防注射や病気の治療費、不妊手術の費用はありますか。

時間的な余裕がありますか?

動物によっては散歩が必要だったり、ブラッシングや入浴など手入れ(グルーミング)が必要です。また遊んであげる時間も必要です。

終生愛情を持って飼えますか?

動物は種類によって数十年生きるものもあります。その間、生活環境や家族構成の変化があっても、ずっと暮らせる覚悟がありますか?「飼えなくなったから…」と野外にペットを放棄したりすることは、法律で禁止されており、厳罰に処せられます。

長命なペットの例

ミドリガメ:20~30年、コンゴウインコ:30~50年

不妊去勢手術について

子犬や子猫のもらい手を探すのは、とても大変なことです。繁殖のために飼った場合は別として、不幸な子犬や子猫をつくらないために、不妊去勢手術をしてください。

きちんとしつけられますか?

保健所には毎日、ペットについての苦情が後を絶ちません。吠え声、におい、抜け毛、排泄物が常にあげられますが、もちろん、それだけではありません。あなたにとって大切なペットでも、すべての人が彼らに好意をもつわけではないことも事実です。飼い主は「うちには犬(猫)がいるから当然」と思っていることでも、近所の人はそれを迷惑に感じているかもしれません。また、ペットショップで売られているものには、犬・猫のようにしつけに対応できる動物ばかりではありません。

注意

動物の種類によっては、法律で飼育の制限があるもの(特定動物)があります。また、野生動物を飼育することは原則禁止されています。詳細については保健所にお問合せください。

問合せ先

江戸川保健所生活衛生課動物管理係(東小岩3丁目23番3号小岩健康サポートセンター内2階)

電話番号:03-3658-3177(内線31-33)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部生活衛生課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。