区民向け情報

閉じる

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > お知らせ > ベビーシッターなどを利用するときの留意点

更新日:2020年7月30日

ここから本文です。

ベビーシッターなどを利用するときの留意点

今般、マッチングサイトを通じ依頼を受けたベビーシッターが子どもに対して、わいせつな行為をし、逮捕されるという複数の事案が報道されました。

ベビーシッターなどを利用される場合には、保育者の保育資格や契約内容などを十分に確認されることをお勧めいたします。
なお、厚生労働省が「ベビーシッターなどを利用するときの留意点」を改訂し、注意喚起しています。以下の関連リンク及び添付ファイルをご覧ください。
また、公益社団法人「全国保育サービス協会」が、ベビーシッターの認定制度や加盟している事業者名をホームページで公開していますので、ご利用の際の参考にしてください。

区では何らかの事情で、お子さんを一時的に預けたいときの「一時預かり(一時保育)」や「子どもショートステイ」事業などを行っています。詳細はページ下部を参照ください。

ベビーシッターなどを利用するときの留意点10項目

  1. まずは情報収集を
  2. 事前に面接を
  3. 事業者名、氏名、住所、連絡先の確認を
  4. 保育の場所の確認を
  5. 資格や研修受講状況の確認を
  6. 保険の確認を
  7. 預けている間もチェックを
  8. 緊急時における対応を
  9. 子どもの様子の確認を
  10. 不満や疑問は率直に

区事業紹介

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは子ども家庭部子育て支援課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。