区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 環境 > 歩きたばこ・ポイ捨てについて > 路上喫煙禁止・受動喫煙防止重点区域について

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

屋外における受動喫煙防止について

「受動喫煙防止重点区域」では路上を含む公共の場所での喫煙が禁止となります。


区では、令和2年4月に改正健康増進法の全面施行を受けて、屋外での受動喫煙防止に向けた取り組みを進めています。
「江戸川区歩行喫煙及びポイ捨ての防止等に関する条例」を改正し、これまでの歩行喫煙の禁止に加えて、別途区が指定する「受動喫煙防止重点区域」内の公共の場所(道路・公園等)の喫煙を禁止することといたしました。

令和2年4月現在、指定済みの受動喫煙防止重点区域はありませんが、区内の主要駅周辺に喫煙場所を整備した上で、順次、受動喫煙防止重点区域を指定する予定です。

 

改正「江戸川区歩行喫煙及びポイ捨ての防止等に関する条例」(令和2年4月1日施行)(PDF:123KB)(別ウィンドウで開きます)

 

屋外分煙施設の技術的留意事項について

受動喫煙を防止するためには、単に喫煙場所を指定するのではなく、パーテーションを設置し、たばこの煙が周囲に容易に漏れ出ないようにする必要があります。

区では、厚生労働省健康局長通知 平成30年11月9日付 健発1109第6号「屋外分煙施設の技術的留意事項について」に則した喫煙場所を設置する予定です。

この留意事項の中でも「壁の高さ」、「給気用の隙間」、「出入口の構造」についてご説明します。

壁の高さ

「一定の高さがあること(2~3メートル程度)」

給気用の隙間

「四方の壁の下部に吸気用の隙間があること(10から20センチメートル程度)」

上記の2つの条件を組み合わせることによって、下部の20センチメートル程度の隙間から入ってきた空気の流れが、壁に沿って上るので、煙が高いところまで運ばれる効果が期待できます(煙突効果)。

この効果は既存の喫煙場所での実験に基づいています。

 

出入口の構造

「出入口には、方向転換のためのクランクがあること。2回以上のクランクがあることが望ましい」

壁がない箇所からたばこの煙が漏れ出してしまうため、クランクを設けることを検討しています。

 

上記の3つの条件を留意、検討いたします。

ただし、もとより人の往来が少ない場所など、そもそも受動喫煙が生じにくいと考えられる場所に設置する場合は、上記よりも簡易な設備とします。

問合せ先

環境推進課推進係 電話:03-5662-1991

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは環境部環境推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。