区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 区長室 > 区長フォトダイアリー > 2021年(令和3年) > 9月 > 緊急事態宣言が延長に伴う体制の強化【2021(令和3)年9月13日】

更新日:2021年9月13日

ここから本文です。

緊急事態宣言が延長に伴う体制の強化【2021(令和3)年9月13日】

 国は緊急事態宣言を9月30日までに延長しました。東京都では新規感染者数は減少傾向にあるものの、いまだ医療体制の逼迫状況は続いています。この状況下、本区としても10日(金曜日)に情報連絡会議を開催し、今後、さらに強化していくべき5つの体制について確認・協議しました。

 一つは区医師会や薬剤師会などと連携した「医療」体制の強化。区内の入院病床を25床増やし、157床にするとともに、増えている自宅療養者へは症状によって電話・オンライン診療や往診による支援体制を整えます。二つ目は「ワクチン接種」体制の強化。接種が進んでいない若年層を中心に接種機会を増やし、2回目の予約が取れていない方には専用予約枠も設けました。そして三つ目の「PCR検査」では、高齢者・障害者施設の従事者に対して区独自の検査及び区内全ての駅でのモニタリング検査を実施しました。また、区衛生研究センターでの検査数を拡充するなど、体制を強化しています。さらに四つ目の「啓発」では、防災無線や区広報誌、区ホームページ、SNSを活用した広報も継続していきます。

 最後に五つ目は「経済」活動への支援です。区独自の支援施策を継続するほか、国や都の支援制度を関係各団体にしっかりとお知らせしていきます。

 このように区民の皆様の安心・安全を確保するために全力で取り組んでまいります。引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

江戸川区長 斉藤猛

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?